Et Voilà! - 北米の”パリ”・モントリオールから見た世界 -

2011年よりカナダ・ケベック州モントリオールでの生活をスタート。 現地のニュースや、現地視点で見た日本・世界のニュース、またまた奥さん(カナダ人)との生活などを発信していきます!

2004年に日本を飛び出し、以降アイルランド→キプロス・イギリス→ニュージーランド→ドバイと流れて、まだまだ未知の地域・南米やアフリカを夢見ていましたが、色々あって現在はカナダに落ち着きました・・・。
****** ブログランキングにご協力ください! ******


 カナダランキング
  にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
  にほんブログ村
  

*************************************







カナダ第二の都市であり、このブログの舞台でもあるモントリオール。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、モントリオールは実は島で、St.Lawrence川とOttawa川に挟まれているんです。そしてこのSt.Lawrence川はアメリカは五大湖の一つ、Ontario湖から大西洋まで続くとても大きくて長い川なんです。大西洋までの道のりの中でトロントやオタワ、モントリオールにケベックシティーと、大都市を通っているんです。


そんなSt.Lawrence川に、モントリオールの対岸に位置する街・Longuiuelが、11/15より汚水を排水するという発表をしました。これは、Longueuil市内の地下に埋められている下水管の修理期間中のみの一時的処理だそうで、約2週間で終わる予定だそうですが、それでも毎日およそ1億6千リットルが排水される予定だそうです。

DUMP NOV032018 01
(汚水排水の注意看板。Global Newsサイトより。)

こういった処置は2015年にモントリオール市が同じく下水管修理のために行っているようで、結構大きな街では当たり前のようです。勿論、ケベック州政府とカナダ連邦政府の許可を取って行っています。


上記期間中にモントリオールを訪れるから、もしくはモントリオール在住の方、お気を付けください!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

アメリカはMassachusetts General Hospitalの調査によると、大麻嗜好者が大麻の使用を止めた場合、記憶力や学習能力で改善が見られた、とのことです。この調査は16歳 - 25歳くらいの大麻を常習している(週一回の使用以上)人達を対象に行った調査だそうです。

CANNABIS NOV022018 01
(やっぱり大麻も健康等に障害があるみたい。Global Newsサイトより。)

でもこの結果は当然というか、予想通りですよねー。だって、タバコですら色々と人間の身体能力や成長に害があるっていわれているんですから、同じような嗜好品である大麻もやっぱりどこかしらに害が出ることは当然かな。


大麻解禁となったカナダでは、特にここモントリオールではいまだに大麻販売店は品薄状態。つまりそれだけ嗜好者がいるってことなんですね。。。それが若い世代であるほど、上記の調査のように記憶力や学習能力に害が出る、と。タバコもそうなんですけど、確かに嗜好品なので個人の自由にすればよいと思いますが、やっぱり大麻は”ドラッグ”と密接なかかわりがあると思ってしまう点が問題だと思いますし、実際かかわりがあると思うんです。


記憶力うんぬんより、やっぱり私はちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、「風紀の乱れ」が気になります。それが杞憂に終わればよいんですが・・・。まだまだこれからでしょうね、問題が出てくるとしたら。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

CAQがケベック州議会選挙で大勝し、新政権を樹立。選挙期間中の公約も、今のところ進めて行く予定のようです。そのうちの一つがケベック州への移民数削減&フランス語テスト合格の義務化。まだこちらは正式には施行されていませんが、でも移民局などの現場では混乱も予想されます。


例えば、Francis Paganiniさんのケース。彼はイタリアとイギリスの二重国籍を持ち、現在ケベック州への移民を申請しています。が、フランス語テストの結果が見直されて、移民に必要なステータスが取り消される事態に。


FRENCH OCT272018 01
(フランス語試験に翻弄されるFrancis Paganiniさん。CBCニュースサイトより。)

具体的に言うと、ケベック州には特定分野における熟練の人たちに対して、一時的な労働ビザを比較的早く受け取ることができる制度・Quebec selection certificate (CSQ)と言うのがあります。ただしこれを申請できるのは、その人の特定職種に対する熟練度と、フランス語テスト・TEFAQに合格しないといけません。このCSQ取得後に、移民・永住権を申請していくという流れになります。


Francis Paganiniさんに関しては、その後フランス語の再テストにより何とかCSQは維持できましたが、でも現場の混乱によりステータス取り消しが起こり、結果その影響で仕事を失ってもいるんです。


今後こういった現場の混乱、及びフランス語テストの厳格化が起こりそうですね・・・。今まで比較的移民しやすいとして有名だったケベック州も今後変わっていきそうです。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

カナダは日本と比べて、労働者の要求に対して組合の力が強く、また要求の方法としてよくストライキを使います。1年スパンで見てみると、毎年何らかの組合・労働者が必ずストライキをしています。ちょっと前は、保育所・託児所で働くスタッフがストライキをしていましたしね。


さてここケベック州ではアルコールを優先的に販売する、ケベック州政府が運営している公営の会社があります。それがSociété des Alcools du Québec、通称SAQです。ビールやワインなどの比較的大量消費されるアルコール度数の低いものはスーパーやコンビニ等でも購入できますが、ウィスキーやバーボン、日本酒等はこのSAQでしか購入できません。日本からしたらちょっと考えられないかもしれませんね。でも多分これは州政府がアルコール消費に対する税金等の”あがり”を効率よく手にするためのものでは?と思います。

だってこのSAQで購入するお酒類って本当に高いんです。厳密には酒税がかなり高いんです。お隣オンタリオ州と比べるとびっくりするくらいかも。

SAQ OCT272018 01
(個人的にはこれは労働者側に理がありそうだと思います。Global Newsサイトより。)

さてそんなSAQで働くスタッフが今ストライキを起こしているんです。理由は「安定した労働時間」を求めて。と言うのは、カナダでは比較的よく目にする仕事のスタイルですが、【On-Call】と言うのがあります。これは、「連絡があった日だけ仕事」するスタイル。例えば、前日に「明日スタッフが足りないのでお店に出てください」という連絡が来て、次の日に出勤する。でも連絡がないときは仕事もない、つまり収入もない・・・。


そうなると確かに生活が安定しませんので、大変なことに。なのでこのストの目的は「安定した仕事量を」求めてのもの。今まで私がケベック州で見てきたストライキはほとんどが「賃上げ要求」。なので、いつもストには否定的でしたが、今回のSAQのストは確かに労働者側に理がありそう。ただし、これで「On-Call」ベースではなくシフト制等になった場合、多分スタッフカットがまず行われると思いますが、それはスト参加者は理解している必要があると思います。


「On-Call」は使用者側(SAQ側)には確かに都合が良い制度。なのでこの制度、結構他の会社でもよくあるんです。モントリオールで多いのはゲームのテスターの会社がこの制度をよく利用しています。


さて今SAQはそんな状態なので、組合員ではないManagerクラスの人たちが接客したり在庫管理しているそう。そこでスタッフの苦労を理解してくれるといいんですが、どうなるんでしょうかね、結末は・・・。









(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

まずはこちらの映像を:


このショッキングなニュース、アメリカはフロリダ州からなんですが、11歳と12歳の少女が学校内にナイフを持ち込み、殺人を計画していたとして逮捕されました。警察の調べによると、この少女二人はこのナイフで低学年の児童を殺害し、自分たちも自殺する予定で、その前になんとこの同級生の遺体から血を飲むということまで計画していたそうです。

FLORIDA OCT272018 01
(ショッキング過ぎて言葉が出てきませんでした・・。Global Newsサイトより。)

警察による詳しい話によると、この少女二人は学校のトイレに隠れて、自分達よりも年齢の低い児童を狙う予定だったそうです。そうして該当の児童が入ってきたら、持ってきたナイフで殺害。その後、ナイフで遺体を切り刻みんで食し、且つのどを割いてその地を飲むことまで計画!


そして最後はお互いにナイフで刺しあって自殺する、と言うもの・・・。


更に警察の取り調べでは、少女二人は最低1名の殺害を考えていたようで、場合によっては15-25名の殺害まで計画。なぜこのようなことをしたかと言うと、少女たち曰く、死後地獄においてサタンのそばにいられるように、と・・・。


もう恐怖しかありませんね・・・。なぜこの少女たちがこのような考えを持つようになったのか、どのような背後関係があるのか、色々と調べないといけませんし、また少女たち自身の更生のためにも詳細に検証すべきだと思います。


本当、怖い世の中です・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

日本でも昔から問題になっている霊感商法。その被害はいまだに後を絶ちませんし、その影響で宗教的なことに否定的なイメージを持つ人も多いのでは、と思います。


ここカナダでも実は霊感商法ってあるんです。お隣オンタリオ州のヨークと言う街において、Samantha Stevensonという27歳の女性が67歳の男性に「あなたの家には悪魔が住んでいる」として、「悪魔を追い出すためにはこの家を売って、その代金を私の口座に移さないといけない」と言葉巧みにこの男性をだます事件がありました。

York OCT272018 01
(ヨーク警察のおかげで事件は解決に向かっているようです。Global Newsサイトより。)

警察は実に1年以上前からこの件について内偵捜査を続けていたみたいで、逮捕後にこのSamanthaは色々と言い訳・詐欺の否定をしていますが、この男性からSamanthaの口座に移されたお金がその後男性の元に返ってきていないこと、更にこの男性に追加で$6,000カナダドル(およそ50万円)を要求していること、などから逮捕に踏み切ったようです。この男性、この追加の$6,000カナダドルを工面するために、車も売ってしまったそうです・・・。


まあ、確実に詐欺ですよね。でも人の良い人、年配の人をだますというやり方は世界どこでも同じなんですね。。このSamanthaの有罪が確定したら、厳罰に処して欲しいと思います!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

まずはこちらの映像を:

今の若い方はご存知ないかもしれませんが、アメリカで1990年代にはやったドラマ・【Freiends】と言うのがあります。男性3名、女性3名の友情等をコメディタッチで描くホームドラマっていう感じでしょうか。本国アメリカは勿論、日本でもこのドラマははやりました。また、英語学習としてアメリカやイギリスのドラマを見るっていうのも一時期日本ではやっていたので、それの影響もあったかも。


このドラマの主演陣で一番有名なのはJennifer Annistonさんでしょうか。元ブラッド・ピットの奥さん。でもその他の出演者たちも、色々な有名な映画やドラマにその後出て活躍していましたので、全員当たりだったのかも、このドラマに出ていて。


さてそんな主演陣の一人、ドラマの中のRoss Gellerを演じていたDavid Schwimmerさん。ひょんなことでまた注目を浴びています、現在・・・。それはなんと、イギリスはブラックプール警察が窃盗犯の目撃情報を募るために公開した映像・・・。今年の9月20日に、ブラックプールのレストランで窃盗事件が起こっており、その犯人らしき人物が映っているのですが・・・。

Friends OCT272018 01
(まさかそんなことで注目されるとは思わなかったでしょうね!Global Newsサイトより。)

なんとそれがDavidさんにそっくり!!


すぐにSNSで話題となり、Facebook上では11万件を超えるコメントが!勿論、【Freiends】に絡めたコメント・・・。


更にDavidさん自身がFacebook上で「ビールケースを盗む」パロディ映像を公開して、ブラックプール警察に「この件は私じゃありませんよ!だって私はこの映像の通り、その時はニューヨークにいたんですから!」とユーモアたっぷりにコメント。


ブラックプール警察にとってはちょっとした災難でしたが、でもなんだか憎めない映像&事件。勿論犯人は逮捕されて罰を受けるべきですが、久しぶりに【Friends】を観たいなーって思わせる事件でした!








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

CAQ政権で日本で言う厚生大臣に就任したDanielle McCannさん。彼女は前任者のリベラル党政権時の厚生大臣・Gaétan Barretteさんが残した負の遺産の解消に全力を尽くすようです。前回のケベック州議会選挙でリベラル党が大敗した原因の一つが保険制度改革。Gaétan Barretteさんが担当したこの改革、全く機能せず、逆に現場の反発及び利用者の反発を招く結果に。


その負の遺産を片付けるという大仕事がいきなりDanielle McCannさんの初仕事として任されることに。そこでDanielle McCannさんは、制度改革自体を進めるべく、今後はまず現場のスタッフと患者にもっと快適に勤務及びサービルの利用をしてもらうべくまずは動くそうです。具体的にはどう行動するかはわかりませんが、でもちょっと期待。


前のブログでも書いたように、今年は妻の具合が悪く、何回か病院に行ったんですが、行くたびに診察までに12時間以上かかるんです。その時間が本当に無駄で、批判も多いんですが、前政権はこのあたりの改革を全くできませんでした・・・。なのでCAQ政権にはちょっと期待しています。ちなみにケベック州の新首相のFrançois Legaultさんは、この待ち時間を1時間半まで短縮させると豪語しています。まあそこまでは期待しませんが、少なくとも2-3時間以内の診察にまではしてほしいものです。

CAQ OCT272018 01
(CAQ政権の保健・医療制度改革、ちょっと注目しています。CBCニュースサイトより。)

また、ケベック州の保険制度では全ての診察・治療が無料と言うこともあり、こういった大混乱を起こしている面もあります。なので申請家ではプライベートな医療機関の医療分野を拡大して、患者さんを分散させることも狙っています。確かに、ある程度の収入がある人たちはプライベートな病院に行っていますしね。


さて今度これもどうなるか、注目ですね。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

早いもので大麻がカナダ全土で合法化されてから早2週間以上が過ぎました。その間、メディアの過熱報道などで毎日そのニュースを目にしていましたが、現在では落ち着いて、メディアで取り上げられることも少なくなっています。


また一方で、販売用大麻が足りないという事態も。ある大麻販売店は大麻合法化から3日目に臨時に店を休業。理由は品不足とのこと。結局この辺り、うまく政府調整が進んでいなかった、予測が甘かったということでしょうが、一度火が付いた「大麻熱」、品不足だからと言って冷え込むはずもなく、結局本末転倒なところですが、ブラックマーケットに顧客が流れていっていることでしょうね・・。


また、私の周りでも明らかに大麻を吸っている人たちが増えたようです。これは職場とかではなく、朝夕の通勤時。あのめちゃめちゃ臭い大麻のにおいをまき散らして乗車してくる人が増えたので・・・。本当、あの匂いだけはどうにかして欲しい・・。


さてそんな大麻解禁、いまだに根強い反対意見もあり、特にケベック州はその一つ。そのケベック州はモントリオールのSaint-Laurent地区において、大麻を公共の場で吸うことを禁じるルールを制定し、施行しています。モントリオール市自体のルールとしては、モントリオール市長のValerieさんが「大麻はタバコと同様、喫煙が認められた場所で吸うことができる」と言うことでしたが、Saint-Laurent地区の区長さんはそれには真っ向から反対。「大麻はアルコールと同じルール設定をするべき。アルコールは公共の場、すなわち、公園や歩道などなど、不特定多数が利用する公共の場では吸うことができないようにすべき」と言う考えからこのルールを設定。

POT OCT272018 01
(公共の場での大麻禁止。良いことです!CBCニュースサイトより。)

ちなみにモントリオールの他の地区やケベックシティ、その他市町村もこのSaint-Laurent地区のルールを批准・施行する予定だそう。


でも確かにそう、大麻経験者は大麻はタバコと一緒、依存性も中毒性も意識が飛ぶこともないって言っていますが、それは「その人」の体質や経験年数の長さからくるもの。初めて大麻を使用したもの、大麻が合わない人は、意識が飛ぶことも十分に考えられるから。と言うのは、実は私も人生で一度だけ大麻を経験しているんです、10数年前。その時、たった1回吸っただけだったんですが、頭の中がぐるぐる回ってまともに歩けない状態に。その経験から2度と大麻なんて吸っていません。


私と同じような経験をする人が公共の場で出てきたらどうなるでしょうか?突然車道に飛び出すかも。突然襲ってくるかも。


やっぱりこの大麻解禁、一部の人たちの利益にはなっていますが、大多数の人たちにはマイナスにしかならないと思うんです。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

10月と言えば、欧米では「ハロウィーン」。日本での印象は、コスプレしたり、子供たちが家々を回ってお菓子をもらったりと言うイメージかもしれませんが、こちらではちょっとしたイベントと言うかお祭り的な要素が入っているんです。移動遊園地が来たり、大きなパーティーがあったりと。


アメリカ・テネシー州のナッシュビルでもそういったイベント・”Nashville Nightmare”が開かれていました。そこには4つのお化け屋敷があり、James YochimさんTawnya Greenfieldさんは、他の2名の友人とともにそのうちの一つのお化け屋敷の列に並んで、おしゃべりをしていたところ・・・。そのお化け屋敷のスタッフが近づいてきて、Tawnyaさんに「彼(Jamesさん)ってうざい?」と聞いてきました。勿論、その場のノリと言うかジョーク、イベントを盛り上げるスパイス的なことだと思ったので、「実はそう、うざいの。」とお返事。

HAUNTED OCT202018 01
(Nashville Nightmareのポスター。怖い・・・。Global Newsサイトより。)

そうするとそのスタッフはナイフを手渡し、「じゃあこれで彼を刺しちゃえ!」と。


勿論Tawnyaさんも他の友人もこのナイフを偽物と思っていたんですが・・・・。お化け屋敷に入って後、いくつかのアトラクションをクリアした後でTawnyaさんは先ほどもらったナイフで、(勿論冗談として)Jamesさんを刺してみたところ・・・・。なんとこのナイフ本物だったんです!Jamesさんはすぐに病院に搬送。


駆けつけた警察に事情を説明したTawnyaさんたち。Tawnyaさんにとっては本当トラウマになるくらいひどい体験・ショックだったと思います。が一方でこのナイフを手渡したスタッフも、まさかこのナイフがそんなに鋭いものだなんて知らなかったようで、こちらも取り乱すくらいショックを受けている様子。ただ、彼は警察に拘留され、事件性があるかどうかの取り調べが行われているようです。


いや本当、楽しかったイベントが一気に恐怖に、そしてトラウマに代わる出来事。JamesさんにTawnyaさん、そしてお友達2名にこのスタッフと、関係者全員の心のケアを十分にしてほしいものです。。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

最近日本のニュースでよく目にするこの2つのトピックについて、海外で生活する私なりの視点から私見を述べてみたいと思います。あくまでも私個人の意見であり、元々賛否両論あるトピックですので、皆さまとは違う意見かもしれませんが・・・。


まずは「新在留資格」について。


これ、ただ単に「日本人では賄いきれない仕事を外国人を雇って埋め合わせしよう」とするのであれば、大失敗すると思います。まず海外でもそうですが、その国で合法的に働くことができる労働ビザを申請できるのは、雇用主。つまり、会社。そして、その会社は「沢山リクルート活動をしましたが、どうしてもスタッフを見つけることができなかったので、外国人を雇いたい」と言う理由と証明を提示しなければいけないんです。そうしてその後審査が入って、で労働ビザが下りる。


日本の場合もまずこのステップを入れるべきだと思います。でないと、「安価な労働力」としての外国人雇用が増え、結果日本人の失業率が高くなると思うんです。外国人雇用の前に、日本人の雇用を促進する。例えば、ニートなどの引きこもりが増える半面、コンビニ等のスタッフの外国人率が上がっているという状況。こういったミスマッチをまずは政治の力で解決するのが先では?

immigration OCT282018 01
(入管も忙しくなるかも。写真はイメージです。Global Newsサイトより。)

更にこの新在留資格では、家族を呼び寄せることができるとあります。これには大反対です。この政策で、カナダの社会保険料は高くなっているんですから。これは簡単に想像できます。国元から両親や親せき等を呼び寄せるんです。そうして、カナダ(日本)の経済に全く貢献してこなかった人たちに対して、国(カナダや日本)はその人たちの医療費をカバーすることになり、結果社会保障の負担が増える。


これ現実にカナダで起こっていることなんです。


まずはしっかりと「受け入れる側=日本」の環境整備をするのが大事でしょう。上記のようにどうしても労働力を確保できないという証明ができるまで、政治は努力をすべき。その結果の外国からの労働力確保は私はOKだと思います。が、審査はしっかりして欲しいし、またやはり家族を呼び寄せるのは禁止して欲しいです。呼び寄せるのであれば、きちんと「日本の国民保険には入れません、カバーされません。」と言う一言を添えて欲しいです。カナダでも「スーパービザ」と言う、国元の両親などを対象にした特別ビザがあり、10年間自由にカナダに出入りできるんです。が、これにはきちんと「カナダ国内で病院等にかかる際には、カナダの保険ではカバーされませんので、あらかじめ自国にて保険に加入しておいてください」と明記されています。


私は外国人受け入れに対する治安悪化等はあまり心配していませんが、感情面、また今後仕事が減少していく中での仕事の奪い合いなど、将来的なことに関する不安は、今の新在留資格制度にはあります。そこの部分をしっかりと議論して進めて欲しいものです。まずは移民先進国のここカナダやアメリカ、ヨーロッパを視察して問題点をしっかり洗い出すべき。そうした上で議論しないと、結局「机上の論理」で問題ばかりになります。



次に「自己責任論」について。


これについては日本の著名人が反論していますよね。確かにそうだと思いますが、はっきり言って反論している人達はいわゆる「お金持ち」。つまり、「日々の生活に汲々としているわけでもなく、安定した生活であり、なので他人事に首を突っ込む余裕のある人たち」なんです。なので、「ちょっと高いところから」、「上から目線」で意見を言っているだけ。


だって普通に考えると、この安田さんを解放させるためにお金を支払ったわけでしょう?それも絶対に日本政府が。じゃあそのお金はどこから出たの?勿論皆様の税金から。つまり、税金の使い道として、ある特定の人だけに使われるのは良いのか?ってことじゃないんですか?


しかも、政府から海外渡航を止めるように注意されていたにも関わらず、それを無視していった人を助けるために、税金からお金を投入する。それって果たして本当に「理がある」と思っているんですかね、反論している人たちは。私は個人的には少なくとも安田さんは日本国民に向けて謝罪すべき(皆さんの大切な税金を使わせたこと)だし、このお金は安田さんが責任を持って国庫に帰すべきもの
(もしかしたら、このブログが出るころには謝罪とか記者会見党されているかもしれませんが・・。)

また、安田さんのせいで、今後日本人を狙ったテロ・誘拐事件が起こる可能性もあり、ますます渡航できる国が狭まる可能性もあります。


勿論国としては、いくら渡航禁止を破ったからと言って見捨てることはできません。なので日本政府の対応は私はOKだと思いますが、問題は個人。何度も何度も政府の言うことを無視して、誘拐されては税金で開放される人。それについての罪悪感はあるんでしょうかね?「言論の自由・ジャーナリスト魂」とかいう、耳障りの良いことさえ言っておけば許されると思っているんでしょか?


ちょっと前にブログでも書いたように、海外では例えばイギリスを捨ててISISに走った人物の帰国をイギリス政府が拒否したりしています。つまり、政府の勧告に従わなかった場合には自己責任において帰国してくれってことなんですよね。


また、日本でもそうですが、登山等で遭難した場合、その捜索でかかった費用は救助後に請求されるそうですね。それと同じことを安田さんにもすべきではないですか??

ISIS OCT282018 01
(こんな危ないところに行くのには、それなりに覚悟をしてから行くべき。Global Newsサイトより。)

確かに安田さんならではと言う取材もあるでしょう、でもそのためだけに、もっと言えば、安田さんだけ「優遇」される理由っていうのがよくわかりません。果たして日本と言う国の益につながったのか、と。「これは日本と言う一国だけでなく、世界的なこと」と言うのであれば、日本政府に助けを求めるのはお門違いでしたよね。都合の悪いことは日本に助けてもらい、自分の手柄は「世界的な」ものとして世界に向けて発信する。。。


果たしてそんな人を普通の日本人は「あの人って私と同じ日本人なんだよ!誇らしい!」として海外で紹介できるでしょうかね?私はできません。


この問題は本当に賛否両論あると思いますが、でもやっぱり安田さん自身が自分の行為をどう思っているのか、しっかり国民に向けて述べるべき、最低でも。安田さん自身の功績を否定するわけではありませんが、もし今回の救出を当たり前と思っているのであれば、やはり釈然としないし、国民との意識に大きな隔たりがあると思うんです。


繰り返しになりますが、この問題には賛否両論あると思います。私の私見としては、やはりどうしても安田さんが無条件に擁護されている、ある特定層の風潮に納得ができないんです・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

まずはこちらの映像を:


アメリカはミズーリ州で起きた事件。本当、こんなことが2018年に起こるなんて。


D’Arreion Tolesさんはただ自分の家に帰りたかっただけ。それを白人女性がいちゃもんつけて通せんぼ。D’Arreion Tolesさんにどこに住んでいるのか、身分証明相はあるのか、などを聞いてきます。勿論D’Arreion Tolesさんはそんなことには答えません。だって彼女は警備員でも、このビルのオーナーでもスタッフでもないから。

DIS OCT202018 01
(問題の女性。なぜかこういう差別問題を起こすのは決まって白人女性なんですよね。Global Newsサイトより。)


そしてD’Arreion Tolesさんは彼女を強行突破して家に向かうと・・・。なんとこの女性も後をつけてきます!そしてその後、彼女は警察に通報するんです。D’Arreion Tolesさん宅に警察がやってきたのはそれからしばらくしてからのこと。D’Arreion Tolesさんは勿論ショック。


ただこの一連のやり取りを上記ビデオに撮っていて、それをすぐさまアップ。するとこの女性が働いている会社らしきところからD’Arreion Tolesさん宛に連絡が来て、非礼を詫びるとともに、彼女を解雇した、とのこと。まあ、それは当然というか自業自得ですよね。でもまだこの女性がD’Arreion Tolesさんと同じ建物に住んでいたら嫌ですよね・・・。まあ、多分いたたまれなくて引っ越ししていると思いますが・・。



ただ最近本当にこういう事件がアメリカでは多いような気がするんです。ちょっと前には、友人(白人)の子どものベビーシッターとして一緒に子供たちと遊んでいたアフリカ系の男性がこれまた同じように白人女性により警察に通報されたりと・・・。


やっぱりアメリカの偏見・差別は根が深いですね・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

最近もちょっと政治のネタが多くなっている当ブログ・・。どうしても注目のニュースとなると、最近は政治ネタが多くなってしまいます。。


さて本日もそんな政治ネタから。


Angus Reid surveyと言う調査会社が現地時間10/3から10/8にかけて、カナダ人およそ1,500人に対して行ったアンケート調査の結果がニュースに出ていました。注目の質問内容は、「自身が応援している政党のリーダーについて評価しますか?」と言うもの。


リベラル党支持層ではおよそ79%の人がトルドー首相を評価。私からすれば、かなり左寄り過ぎるって言う気がするんですが、アメリカ・民主党の前大統領候補だったクリントンさんと同様、お金持ち・生活に不自由がない人たちからすれば、トルドーさんの左寄りの思想・行動もOKなんでしょうね。だって自分たちの生活には全く影響しませんから、好きなだけ「きれいごと」が言えますから。


一方ライバルの保守党支持層ではAndrew Scheerさんへの評価は約65%。これはトルドー首相より落ちますが、でも過半数を大きく超えていることから、Andrew Scheerさんへの期待の高さがうかがわれます。また保守党自体、その支持層は上記リベラル党は後述するNDPとは比べ物にならないくらい大きい・多いもの。なので、65%とは言え、それを支持者数でみると、多分リベラル党よりもかなり多い人数になるみたいです。

ELECTION OCT202018 01
(期待しています、Andrew Scheerさん!Global Newsサイトより。)

そして最後にNDPの党首・Jagmeet Singhさん。NDP支持層の彼への評価は47%と過半数を割っているんです。分析によると、まずJagmeet Singhさん自身がどういう人かと言う情報があまりないこと、そして今のところ何も実績がないところ、などが理由のようです。一時期はJagmeet Singhさん、左派の票(つまりリベラル党支持層の票)も取り込むくらいの人気で、トルドー政権にとっては脅威だ、と言われていたんですが、ふたを開ければ「このままJagmeet SinghさんでNDPは来年の総選挙を戦ってほしい」と言われるくらい、拍子抜けの結果に。


それと、個人的には彼の言動に宗教的と言うか、自身のルーツであるインドに関することが多いのも、支持層の批判を買っているのでは?と思います。カナダの政治家として彼に期待していたところ、カナダではなくインドに関する発言が多かったり、カナダでは敏感になっている”宗教色”を前面に押し出していたりと言うのが、穏健で中道寄りの左派には好まれていないのかもしれません。

ELECTION OCT202018 02
(ちょっと当初から比べると期待外れと言う感覚のJagmeet Singhさん。Global Newsサイトより。)

Jagmeet Singhさん、この1年が正念場ですね。ここでしっかり自党支持派から評価されないと、来年の総選挙での大敗も現実的にあり得ると思います。


またこのアンケートでは「どの政党には絶対的に投票しない?」と言う質問に対して、保守党が37%、リベラル党が49%、そしてNDPが50%と、リベラル党・NDPの不人気が目立つ結果に。


要はリベラル党は「内輪受けはいいけど、カナダ全体からの受けは悪いトルドー・リベラル党」と、「内輪受けも良く、カナダ全体からの印象も悪くないAndrew Scheer・保守党」、そして「内輪受けが悪く、カナダ全体からの受けも悪いJagmeet Singh・NDP党」と言う感じ。この評価をこの1年でどれだけ好転できるか、それがカギになりそうですね、来年の総選挙の!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

まずはこちらの映像を:


数千人にも及ぶホンジュラスの人たちが、アメリカへの移民を求めて大移動。途中のグアテマラを突破し、メキシコとの国境に突入しています。

NA OCT202018 01
(これはちょっと恐怖を感じますね・・・。Global Newsサイトより。)

これ映像見ましたが、私は恐怖を感じました。怖いですよ、大集団が国境を目指してやってくるなんて。アメリカ、特にメキシコとの国境に近いところの人たちは本当に怖いと思います。このホンジュラスの人たちにも意見はあるのでしょう、より良い暮らしを求めて、と。でもだからと言ってこういう行動を起こすのはちょっと・・・。だってこれって結局「数の力で”脅せば”、向こうも拒否できない」っていう考えからでしょうから。


自分の国を信用できないから、他の国に移動する。これはわかりますが、やり方がやっぱりいけないと思います。ひっ迫する状況等もあるでしょうし、それは私には理解できないくらい深刻かもしれませんが、上記行動は「数の力による脅し」ってとられると思うんです。むしろ、ホンジュラス政府にその怒りをぶつけるべきでしょう。この件で多分ホンジュラス政府は赤っ恥をかいた形になり、また国際的な信用度が低下したと思います。でもその場合、やっぱり国際的な機関を通じて国を変えるべきだと思います・・。まあ、「当事者でもないのにわかったようなこと言うな」って、この行動の参加者には言われそうですが・・。



でもこの行動に関してトランプ大統領はすぐさま反応。メキシコがこの集団をメキシコ国内を通過させ、アメリカへこの集団がやってくる場合、「軍隊を国境に派遣して阻止する」と明確なメッセージを出しております。

NA OCT202018 02
(ポンペオ長官もこの件の関して、トランプさんと同様のコメント。Global Newsサイトより。)

メキシコ政府は、トランプさんのメッセージとは関係ないでしょうが、すぐにグアテマラとの国境に警察を派遣。そこで、この集団の集団での入国、難民申請等は受け付けないことを通告しております。また、既にメキシコ警察に身柄を拘束されていて有効なパスポートやビザがない者はすぐに強制出国させる、とのこと。この素早い対応にトランプ大統領も「ありがとう、メキシコ!」と感謝を示しています。


それでもメキシコへの不法入国、そしてアメリカへ、と言う人たちは沢山いるようですが・・・。


でもこのメキシコ政府の行動、トランプ大統領の行動は「国を預かる」者としては当然の行為だと思います。一部のリベラル・左派は「人権侵害」など、論点がずれていることを言っていますが、そもそも「政府・国」と言うのはそこで暮らす「人々」を守るために存在するもの。その大前提を飛び越えて「これは人権問題だ」と言うのは、私は無政府主義者と同じく、「国・政府」と言うものを信じていない人達だと思うんです。その人たちだって、「国・政府」に守られているからこそ、そういうことも言えるはずなのに・・。


この問題もこの後尾を引きそうですが、一番怖いのは世界一「夢の世界で生きていて、現実が見えない」指導者であるトルドーさんがこの大集団に「カナダへ来てください!」と言うメッセージを出すかもしれない、と言うこと・・・。


本当、早くカナダ総選挙をやって欲しいものです!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

ちょっと前のブログで、カナダのISIS参加者のお話をしました。それと同様、今回もカナダ国籍を持ちながらISISに参加した人物のお話です。この男性、22歳のJack Lettsさん。イスラム教に改宗し、2014年にシリアに渡ってISISに参加。その後いろいろあったんでしょうが、現在はシリア政府により逮捕され、シリアの刑務所に入れられています。


このJackさん、カナダ国籍だけでなく、イギリス国籍も持つ二重国籍者。イギリスの新聞では、“Jihadi Jack” とあだ名されているんです。


さてそんなJackさん、逮捕後帰国の意思を示したんですが、イギリス政府は公式にはっきりとJackさんのイギリスへの帰国の手助けを拒否しています。それは当然でしょう、だって国を捨てて、テロ組織に加入したんですから。イギリスに帰国後に、また何か不穏な動きをしないか、治安を乱さないか、保障しかねるでしょうしね。はっきり言って、以前のブログと同様、「自業自得」なんですから、こんな時だけ「捨てた国」を頼るのはおこがましいと思います。


でもJackさんのご両親からしたら話は別なんでしょう、自分の子どもですから。そこで今度はカナダ政府にお願いをしたところ、カナダ政府はこの刑務所等、関係各所に連絡を取って手助けの動きを示したそうなんです。それに対して国会で野党・保守党党首のAndrew Scheerさんは、「テロ組織で活動していた人物を、この政権はカナダに帰還させようとしている。なぜなのか、明確な理由を示してほしい。」とトルドー首相に詰め寄ります。それに対してトルドー首相は色々と返答しますが、結局は「保守党はカナダ国民の不安を煽っているだけ」と言っています。

ISIS OCT202018 01
(Jackさんのカナダへの帰国を願うご両親。Global Newsサイトより。)

国を預かるもの、またカナダ国民に選ばれたという観点から、まず第一に考えるべきは「カナダ」と言う国であり、自分の名声などは二の次。どういう行動が一番カナダにとって利益になるのか、カナダにとって大事なのかを考えて行動すべき。トルドー首相や現カナダ政権のようにカナダを捨てた人たちを迎え入れる意思を示すと、「カナダからISISに行ってみよう!だって捕まっても、トルドーは自分たちを助け出してくれる」って、誤ったメッセージを送ることになるし、そういう「自己中心的で身勝手で、浅はかな考え」をする人を増やすだけ。また、テロ組織からも「カナダってちょろい」ってバカにされて狙われるかも。


何度も言うように、こういったケースはあくまでも「自己責任」「自分の意志」で国を捨ててISIS等に加入したのであれば、その後の結果も「受け入れるべき」。その時点で泣きを入れるなんて、はっきりってその虫が良すぎる考えにカナダ国民は怒りすら覚えていると思います、だってカナダ国民でない私ですらそうですもん。


またこの件に関しては、既にオンタリオ州政府首相で保守党党首のDoug Fordさんがツイートでコメントし、「近いうちにオンタリオ州に戻ってきたISIS参加者などに対して、オンタリオ州の運転免許証の取り消し、健康保険等の利用不可、学生ローンの利用不可、住宅ローンの利用不可、障害者サポートの利用不可、などの全ての社会保険・社会保障等を利用不可にする動議を議会に提出する」としています。これは当然だと思います。またDougさんはコメントの中で「自分の意志でカナダを離れISIS等に加入した人たちの帰国は歓迎しない。トルドー首相はそのあたりの事の重要性を認識していないようだが、オンタリオ州は違う。オンタリオ州は、こういった行動に関して厳しくはっきりしたメッセージを発信する」として、上記動議を紹介しました。

ISIS OCT202018 02
(連邦政府とは全く異なる対応を示すオンタリオ州首相・Dougさん。Global Newsサイトより。)

オンタリオ州は何回も言うように、今年の州議会選挙において、前政権政党だったリベラル党を大差で破って政権を獲得。つまり、リベラル党の政策・考えが全く受け入れられていなかったことを示します。それは「連邦政府」に対しても同じ。現連邦政府与党のリベラル党に対してNOを突き付けているのに、まだリベラル色の濃いい、カナダ国民を軽視した政策を取るトルドー政権。


今後もこういった地方と連邦の対立が激化していきそうですね・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

先週の話題と言えば、カナダでは合法大麻がトップでしたが、世界的には反サウジ政府の反骨ジャーナリスト・カショギ氏の失踪事件でしたね。あれほどサウジ政府・皇太子等が脅しを使いながら反論していましたが、結果殺害を認め、20人近くの逮捕者を出していますよね。これに対して、サウジ皇太子と良好な関係を続けていたアメリカも、トランプ大統領がサウジへの「制裁」を口にしており、またヨーロッパ等も反発しているので、サウジは苦しい立場に追い込まれたとも言えます。

詳しくはこちらの映像を:


まあ元々、サウジなどの中東では「民主主義」なんて一切ありません。ただ、サウジの皇太子が「比較的理解があった」ために女性の車運転解禁等の政策を取りましたが、基本国会議員なども国民から選ばれるのではなく、あくまで国が指名した人たちに対する「信任投票」。しかも信任投票できる人たちも決まっているんです。これはサウジだけでなく、ドバイなどのUAE等も同じ。つまり、中東は見かけは「欧米のような自由がありそうだ」って見せながらも、実際は「共産主義国家にも負けないくらい自由のない国」なんです。それはドバイで2年ほど私も生活していたので肌で理解できるんです・・。


そんなサウジ、多分調子に乗ったんでしょうね、皇太子が。アメリカとも仲良くなって、「自分はやりたいことが何でもできる」って思ったんでしょう。まあ、アメリカの前大統領はリベラル色が強くて、あまり「強硬」な策に出ませんでしたから(これはサウジだけでなく、世界に対してもそうですが)、なめられていたっていう面もあると思います、アメリカ側からしたら。


更に、カナダとも軋轢を起こしていますよね、サウジは。当ブログでも書きましたが、サウジの人権問題に対してカナダのフリーランド外相が発言をし、それに起こったサウジがカナダに落とした投資額を引き上げ、またカナダに送り込んだ何千人ものサウジ留学生を帰国させています。まあ、それは実際カナダ国民からすれば「願ったり」の状況。コメントでも、サウジの留学生なんかいらない、帰れ!って、強い調子での批判も出ていましたからね。

Khashoggi OCT202018 01
(カショギ氏のニュースを伝えるレポーター。Global Newsサイトより。)

そういう強気なサウジもこの事件で窮地に追い込まれるでしょうね。アメリカが制裁を課したら、ヨーロッパやカナダ等も追随するでしょうし。ただそうなると、中東諸国は中国やロシアと結びつきを強めていくっていうことも考えられます。要は、「一党独裁・一族支配で自分達で好き勝手出来る」国が結びつきを強める・・・・。それはそれで警戒が必要かも。。


この問題、カナダにとっては対サウジ戦略からは追い風となりそうですが、世界的な流れで見た場合はどうなるか、まだまだ予断を許さない状況かもしれませんね。ただ一つ言えるのは、多分これでまた「アラブ・イスラム」に対するネガティブなイメージが欧米で広がったということです・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

私がよく見ているニュースソースの一つにGlobal Newsと言うのがあります。そこで先々週、2つのカナダとISISとの関わりの特集記事が載っていました。一つはカナダ人として生まれながら、ISISに加入するためにカナダを捨てた男性のその後。もう一つは、ISISのメンバーを夫に持つカナダ人女性。


ISISに加入するためにカナダを2014年に捨てた、オンタリオ州生まれのMuhammed Aliさん。彼はれっきとしたカナダ人でありながら、ISISへの加入のためにカナダを捨て、ISISのメンバーに。彼はその後、SNS等を通してISISの加入を促す記事を載せたりしていましたが、現在は北シリアの刑務所に収監。今回Global Newsの独占記事としてこのMuhammed Aliさんへの単独インタビューが載っていたんですが・・・。はっきり言って「自分勝手な、わがままな」気がしました。

ISIS OCT122018 01
(インタビューに答えるMuhammed Aliさん。Global Newsサイトより。)

刑務所に収監された今となって、カナダに戻りたい旨を記事を通して訴えているんです。家族に会いたい、もうISISなんてどうでもよい、と・・・。確かに改心したのかもしれませんが、自分の判断で国を捨てたんですから、今更泣き言を言うのは筋が違うと思うんです。厳しい方かもしれませんが、もしMuhammed Aliさんのカナダへの帰国を許してしまうと、ISIS絡みだけでなく、何かしら国際的に悪いこと(例えばギャング活動とか)をするためいったんカナダを離れて、都合が悪くなると「カナダに帰ってくる」と言う流れが出来てしまうかも。

ISIS OCT122018 02
(ISISに入国後のMuhammed Aliさん。Global Newsサイトより。)

これはカナダだけでなく、日本とかアメリカとか、各国でも同じような流れだと思うんです。ニュースへのコメントへも、Muhammed Aliさんの帰国反対と言うのが大多数を占めており、Muhammed Aliさんには悪いですが、自業自得でありカナダは一切関与しないというのが良いと思うんです。


一方もう一つの特集記事はISISのメンバーと結婚したカナダ人女性たち。夫についてISISに行ったがために、現在刑務所に収監されている女性たち。彼女たちは一切の戦闘行為、犯罪行為をすることなく、ただただISISの夫のために収監されているんです。そしてカナダ政府へ助けを求めているんですが、カナダ政府からは一切連絡がない、と・・・。こういうのって、それこそトルドー首相のお得意のところだと思うんですけどねー。結局、トルドー首相は当たり障りなく、手っ取り早く自分が人気者になるための素材としての弱者」が必要なだけで、こういった事情が込み入ったケースは無視しているんでしょうかね

ISIS OCT122018 03
(インタビューに答える女性たち。Global Newsサイトより。)

確かにこの女性たちは被害者だと思うんですが、ISISに洗脳されていないとも言えないので、収監しているシリア側の担当者に言わせれば、「彼女たち、そして元ISIS兵士たちには社会復帰のためのリハビリが必要であり、そのためにここに収監している」とのこと。これまた説得力のあるコメントですよね・・・。


上記Muhammed Aliさんとは違って、しかしながら、この女性たちはカナダ政府もちょっと力を入れて助けるべきではないでしょうかね?本人の強い希望でカナダを離れたわけではないのですし、犯罪行為等も行っていないのですから。。勿論、上記のように洗脳されていないかのチェックや、必要であればリハビリなども加えて。

.
ISIS OCT122018 04
(こういった女性たちにこそカナダ政府は助けを施すべきでは?Global Newsサイトより。)

やっぱり、「宗教」と言うのは厄介なものだと思います。。。ケベック州議会選挙においてCAQが圧勝し、宗教的シンボルを公的機関に勤めるスタッフは身に着けてはいけないというルールを適用する旨を公約に掲げ、それに対する反対デモ(参加者はイスラム教徒が大多数)が行われている時期に出たこの特集。なんか裏があるのでは?と勘ぐってしまうのでは私だけですかね??







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

ケベック州次期首相のCAQ党首・François Legaultさん。前日、カナダ首相のトルドーさんとお話しした際に、問題の宗教的シンボルの着用禁止について、懸念を表明されたそう。ただこれはFrançois Legaultさんも再度話している通り、公的機関に勤めるスタッフ、すなわち、公務員にのみ科せられる予定のもの。であれば、当ブログでもちょっとお話ししましたが、筋は一応通っている気もするんですよね。公務員は州民の税金によってまかなわれているもの。なので、何事においても中立でないといけないっていうのも、日本字であれば特に、わかる気もするんです。

CAQ OCT122018 02
(François Legaultさん、今後4年間の政権運営の可否はこの問題の対応に掛かっているかも。Global Newsサイトより。)

一方、「プライバシーの問題」と言うのもわかります。なのでCAQでは少しトーンを落とし、また野党との折衝も受け入れるとして、このルールの適用を、新規雇用のスタッフだけにする、と言う案も出してきています。フランス語テストの時と同様ですね。


ただ正直、このルールについて、反対運動とかやっていますが、大体は対象であるイスラム教徒が中心。若い世代の人たちやリベラル層の人たちもいますが、デモを見ると90%以上はイスラム教徒。と言うことはやはり「自分たちが対象」と言うのがわかっている、と言うこと。もっと言えば、「自分たちのスタイルがケベック州の歴史や文化と受け入れない」と言うのを分かっているんだと思うんです。

CAQ OCT122018 01
(この問題へのゆるぎない対応を述べるCAQ党議員。Global Newsサイトより。)

これは本当に難しい、繊細な問題。どちらの言い分も納得できるところがあるので。でもCAQは選挙での大勝利を背景に、若干の修正はするでしょうが、このルールを適用してくる気がします。逆にこれを撤回してしまうと、一部のイスラム教徒及びリベラル層には「脅せば簡単にひっくり返す」という評価を与えてしまうし、投票してくれた人たちには「裏切者」って思われるかも。


判断・舵取りが難しいですが、このまま強行突破するのでは?と思っています。。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

今週のカナダのニュースと言えば、現地時間の10/17に合法化された大麻。国土が広いカナダでは、10/17になるのが一番早いのがニューファンドランド州などの大西洋の州。早速大麻購入者第一号の方がニュースで紹介されたり、またモントリオールを含めて各地の大麻販売店に並ぶ人たちの映像等が繰り返し流れておりました。

POT OCT202018 02
(今後どういった影響が出ますかね・・・。Global Newsサイトより。)

大麻合法になっても、各州で色々とルールが異なることもあるんです。ちなみにケベック州では、こちらの映像をご参照ください!:


大麻合法で、乾燥大麻だけでなく、オイル等、なんと100種類を超える大麻関連商品が手に入ることになるんです。またモントリオールではタバコが吸える場所では大麻を吸っても良い、ってなっているんですが・・・。これが個人的には一番問題かも。あの匂いが嫌なんですよね、大麻って。なので、限られた場所でしか吸えないようにしてほしい。この辺りは、新ケベック州政権与党のCAQも色々ルールを設定する考えを示していて、例えば現在では18歳以上の大麻使用OKがケベック州のルールですが、それを21歳に引き上げるとか、特定の場所、喫煙場所とは別に、でしか大麻を吸えないようにしたりと・・。この点は私も賛成なので、ぜひ法案化して欲しいです!


また、トルドー首相は今回の大麻合法化により、罰金刑を科せられたりや身柄拘束されている人たちの罪を除く、と言っていました。大麻合法化はあくまでも「未来」に対してのもの。なんでそれを「過去」に適用するのか、全く理解できません。これでは過去大麻等で逮捕・罰金刑を課せられた人たちが一斉に罰金の返還等を求めてくる可能性もあり、政府は拒めませんよね?だって片手落ちになりますから。本当、行き当たりばったり感がすごいですね、連邦政府は。


さらにさらに、実は大麻の価格って、州によって違うんです。ここケベック州・モントリオール近郊では大体グラム当たり6-8カナダドルくらいだそうですが、例えば西部のアルバータ州などではグラム当たり10カナダドルを超えているところもあるんです。また、大麻販売店の店主の話だと、グラム当たり最低10カナダドルは取らないと採算が取れない、と・・・。


この時点で連邦政府が主張していた「大麻のブラックマーケットをつぶすために大麻を合法化する」っていう看板が思いっきり倒れましたね。と言うより、安っぽい言い訳が吹っ飛んだ形。と言うのは、ブラックマーケットではグラム当たり約3-5カナダドル。少なくとも本当にブラックマーケットをつぶすためには同じ価格帯もしくは安く設定すべき。でも大麻の販売から税金を取っている政府としては安くできない・・。つまり、お酒やたばこと同様、大麻の合法化は連邦政府にとって「国民から税を搾り取る新しい道具の一つ」に過ぎなかったんだと、改めて思いました。


むしろ、大麻合法化により潜在的な顧客を掘り起こし、ブラックマーケットが潤うという形になると思っています。大麻を吸うことは合法なので、あとはどう手に入れるか・・・。ブラックマーケットは勿論違法ですが、今までも存在していて、更に合法化されたことによりより活発的に顧客獲得をしてくるのでは?


連邦議会野党・保守党党首のScheerさんも言っていましたが、「今後の成り行きを注意深く見守っていきたい」っていう気がします。


まあ、個人的には大麻解禁から特に変わったこともなく、普通通りの生活です。たぶんそれは、家も職場もモントリオールの繁華街からは離れたところにあるからなんでしょうけどね・・。でも実際大麻解禁に合わせて、例えばアパートやマンションのオーナーからは店子に室内での大麻使用禁止等のルールを設定されているところも沢山あるようです。


また、隣国アメリカでも州によって大麻の取り扱いが異なってきますが、基本的には違法。なので、カナダからの入国者やアメリカからカナダに行って帰ってくる人たちには現時点でちょっと神経質になっているようです。


今後1か月ほどは大麻関連のニュースがカナダをにぎわしそうです・・・。


ちなみに乾燥大麻は「POT」とも呼ばれており、それに関するジョークがこちら!
POT OCT202018 01
(Facebookより。)









(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

まずはこちらの映像を:

カメルーンから難民申請してカナダに入国していたAngela Hamanさん。難民申請に関してカナダ政府と交渉・戦いを約3年に渡って行ってきていて、その間教会8か月ほど身を隠す(強制送還されないようにでしょう)までやっていました。

彼女の話では、彼女はいわゆるレズビアンで、本国カメルーンでは同性愛はタブー。彼女のパートナーはカメルーン本国にいて、出国できずに本国にとどめ置かれて虐待されている、とのこと。こうした状況から彼女は「LGBTQ」天国のカナダに難民申請してきたのですが・・・。

CAMEROON OCT122018 01
(強制送還される見通しのAngelaさん。Global Newsサイトより。)

実は先ごろカナダ政府は正式に彼女の難民申請を却下し、本国カメルーンに強制送還する、と発表しました。理由は、「彼女が同性愛者だというには証拠が乏しい」とのこと。つまりカナダ政府は彼女の難民申請の理由に虚偽があるとして受け付けなかったんです。


実際彼女が同性愛者かどうかはわかりませんが、私がこのニュースから思ったことは、本当にカナダの移民制度・難民制度は弱者にやさしいと思うんですが反面、悪用されやすいな、と。Angelaさんがそうだとは限りませんが、でも「出来ることは何でも、嘘でもなんでもついて、カナダに潜り込む」と言う人たちが沢山いるんです。そういう悪意を持った人との戦いを、今の政権は本当に充分できているのかな?と・・・・。


まあ、これも来年の総選挙に向けて色々と問題になってくると思いますが、やっぱりここカナダでも世界的な流れと同様、移民・難民に厳しい対応が撮られるかもしれませんね、今後は。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

先々週のケベック州議会選挙において、トルドー首相に近かった前政権与党であるリベラル党の前党首・Philippe Couillardさんは、選挙におけるリベラル党の惨敗の責任を取って党首辞任及び政界引退を宣言しました。


今年行われた州議会選挙全てにおいて、それまで政権与党であったリベラル党が大敗を喫して政権の座を明け渡すという状況が続いております。


さてそんな地方のリベラル党の惨敗が連邦政府の現政権与党・リベラル党にどれくらいの影響を及ぼすのでしょうか?言い換えれば、来年の連邦議会総選挙でリベラル党は政権の座を死守できるのでしょうか?


ニュースではやはりこの3つの地方選の結果は、「政権与党(リベラル党)への拒否反応」とみているようです。それが連邦政府にも直結している、と。つまり、現トルドー政権へ「NO」を間接的に突き付けている、と。


確かに下記グラフでも分かるように、2015年に政権を取った際、トルドー首相への支持率は一番一番低かったアルバータ州(2015年までカナダの首相を務めたハーパー元首相・保守党のおひざ元なので、支持率が低かったのはしょうがないかも)でも50%強、そして一番高いのはニューファンドランド州の84%と、高い支持率、つまり期待をされていたんですが・・・。

POPURARITY OCT122018 01
(調査でもトルドー首相の支持率の下落傾向がはっきりしています。Global Newsサイトより。)

今年3月に行われた調査では一番高いところは引き続きニューファンドランド州の59%、そして一番低いところでは挿すわちゅ湾州の25%となっていて、全州において支持率が下落しております。特にカナダにおいて人口比率が高く、それゆえ選挙では重要となる、BC州、オンタリオ州、及びここケベック州では支持率が37% - 45%位とかなり下落。しかもこれ、3月の時点での調査ですから、今同じ調査したら更に低いことになってそうですね・・・。


さてこれを見てもまだトルドー政権は今のやり方を変えないんでしょうかね?そこに少し注目しながら今後を見ていきたいと思います!








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

アパートのオーナーと店子の問題って世界中どこでもあると思います。ここカナダ・ケベック州ではそういった問題に専門的に対処する公的機関があるんです。他の州でもあると思いますが、ケベック州ではRégie du logement、賃貸委員会とでも訳せましょうか・・。

SNORE SEP292018 01
(ケベック州の店子問題を扱う公的機関。CBCニュースサイトより。)

そこにケベック州ケベックシティーのあるアパートに住む女性が不平を申し立てます。理由は、アパートのオーナー、及び近隣住民から被害を受けた、と。そして家賃の減額を要求したんです。


でもこれには理由があったんです。実はこの女性、いびきが大変大きいようで、階下の住民が眠れないほどの大きさ。それでオーナーに苦情が出されて、オーナーは彼女にいびき防止グッズを提供したり、医者に診てもらうようにアドバイスしましたが、彼女は一切無視。逆にオーナーを訴える行動に出ます。


ただ委員会では勿論オーナー側へのお咎め話と言う結論に。それはそうでしょう、だってこの女性が協力的なオーナーの親切を自分から断ち切って、周りに迷惑をかけまくっているわけですから。ただし、です。この委員会ではオーナー側からこの女性との賃貸契約を解除したいという申し入れもされましたが、これは却下されます。店子側が強い権利を持つのは日本と同様なんです・・。


私も夜寝ているとたまにいびきがすごいらしいんですよね、奥さん曰く。特にお酒を飲んで寝た後とか。でもいびきが賃貸問題にまで発展するこのケース、すごいですよね、ある意味。日本でも同じようなケースはあるのかな??








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

今月10月3日に開幕したNHLの2018-2019年シーズン。強豪と言われながら、もう長いことスタンレー・カップから遠ざかっているモントリオール・カナディエンズ、今年はどうでしょうかね??


さてそんなNHLのチームの一つ・フィラデルフィア・フライヤーズが今日の話題。このフライヤーズ、シーズン開幕直前に新しいマスコットを発表したんですが、それがネット上で「NHL史上最も醜いマスコット」と話題に。

GRITTY SEP292018 01
(話題のGritty君・・・。怖い・・・。Global Newsサイトより。)

皆さんはどう思います??これ、フライヤーズのチームカラーであるオレンジと黒を基調にしているんですが、まあ確かに怖いですよね!ぎょろっとした目に大きな口、そして毛むくじゃら・・・。なんだか、「狂暴化したムック」って感じがするんです・・・。これは大人のファンには受けるかもしれませんが、子供にはトラウマになるレベルの怖さかも?!


この新しいマスコット・Gritty君がフライヤーズを快進撃に導くかも?!でもそうなればそうなったで、ホッケーとは別の話題で盛り上がりそうですね、マスコットの醜さっていう点で・・。本当、アメリカってチャレンジャーな国ですね!








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)

モントリオールで弁護士業を営むBrent Tylerさん。彼はここ20年ほど、ある案件でケベック州政府とずっと争っていたんです。それがケベック州のフランス語保護法の一つである、「看板やサインなどにある文字について、フランス語以外の言語が入っても良いが、必ずフランス語は入っていないといけない。更に、フランス語の大きさは他の言語の大きさの最低2倍はないといけない」と言うものについて。

FRENCH OCT062018 02
(街中至る所にある看板に適用されるこの法律・・。Global Newsサイトより。)

これの違反として数多くの小売業のオーナーが罰金の支払いを命じられており、且つBrent Tylerさん自身、この法律に何の意味もないと感じているので、ケベック州政府と争ってきたんです。そしてその中でカナダ最高裁判所まで行ったケースについての答えが最高裁判所から出され、Brent Tylerさんの訴えを棄却する、つまり、この法律は妥当だという判断が出されたんです。


勿論Brent Tylerさんは失望・・・・。


まあ確かにちょっと馬鹿らしいかな?と言う気もしますけどね、この法律。でも移民国家であり、且つフランス語文化を誇りとしているケベック州ではありだとも思います。人間、例外を作ってしまうと、またいったん譲歩してしまうと、次から次への譲歩・例外を迫られますからね。この法律自体がフランス語文化の保護にはあまり役に立っていないかもしれませんが、ここで一歩引いてしまうと、極論かもしれませんが、フランス語自体がこの州から無くなる・ケベック州のアイデンティティが無くなるかも。


大げさかもしれませんが、これはケベック州だけでなく、日本でも世界にも当てはまること。自身の歴史・文化・伝統等を守るためには、外から見たら合理的でないというものでも、しっかり守っていかないといけないと思います。そもそも、そういったものは「合理的」と言う尺度で測るべきものではないから。


私はフランス語は話せないのでケベック州としては「歓迎しない移民者」かもしれませんが、それでもこの州のフランス語文化は尊重しています・・。いつかはフランス語話せるように勉強を再始動しなくちゃね・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)










****** ブログランキングにご協力ください! ******


 カナダランキング
  にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ
  にほんブログ村
  

*************************************