LGBTという言葉、既に日本でも定着していると思います。

Lesbian
Gay
Bi-Sexual
Transgender

ただ、日本においてLGBTへの社会的な理解が進んでいるかどうかと問われれば、多分まだまだ十分ではないと思います。
 
これは日本だけでなく、まだまだ理解されていない地域は世界中で沢山あると思います。

そんな中、カナダはLGBTへの理解が世界一と言われております。

LGBT 01

 
まずカナダ・ケベック州にて1997年に世界で初めて「性の好み(LGBTなど)による差別を禁止する」という法律が制定・施行されております。
 
つまり、性的な好みで雇用を制限したり、社会的サービスが受けられなかったりすることがないように、ということですね。


それから2005年にはカナダ全土で同性結婚も認められております


勿論、上記が制定されるまで、長い長い戦いがあったと思いますし、また上記が制定されたといっても、「個人的」には同性結婚やLGBTは好ましくないと考える、という人もいるでしょう。
 
そういった人たちがいるということを含めても、カナダのLGBT政策は他より進んでいると思います。


カナダの首相Trudeauさんも、毎年トロントの芸パレードに参加しています!

 

実際、モントリオール生活を始めて以来、仕事仲間や友達でLGBTの人は何人かいます。彼・彼女らは別にそれをあらためて「公」にしているわけではなく、何気ない会話の中で:
(男性):「僕の彼氏と遊びに行った時に・・・・・・」
(女性):「私の彼女が昨日ね・・・・・」


などの会話で分かるんです。私は勿論、LGBTには何の偏見も持っていませんので、彼・彼女らとはプライベートでもご飯に行ったり飲みに行ったりと付き合っています。
 
この「あらためて自分から自分の性的な好み・指向性を公にする必要がない」というのが、実は一番大事なことではないでしょうか?


日本を含めて、アメリカなどでよく「(性的好みを)カミングアウトした」というのが記事になったりしますが、そもそも「カミングアウト」しなくてはいけない状況こそが、LGBTの人たちに思いストレスを与えているのではないかな?と思います。多分、「カミングアウト」しないと、自分の「本当の性」を明らかにできない(例えば服装など)、という気持ち・プレッシャーがあるのでしょう。
 
LGBT 02

 
この部分の差(カナダと日本など)は大きいと思います。実際、私のLGBTに友達や仕事仲間からあらためて「私はゲイ・レズビアンなんだ」なんて告白されたことはありません。


逆に、こういった告白しなくてもなんの差別も受けないから、あえて言う必要がないんだと思います。
仮にそういった告白をしたところで、「そうなんだー」で終わりますしね。その部分をしつこく興味本位で聞くことはまずないと思います。エチケットですよね。
 
「無関心」というわけでなく、むしろ「理解」されているからこそあえてしつこく聞かない・興味本位で聞かない、というのが今のLGBTを取り巻くカナダの環境であり、理想的な状況なのでは?と思います。


ただ、今日のGlobal Newsに出ていたんですが、「ケベック州の大学などの学校内では、まだまだ”Gender Free(性別に関係なく利用できる)トイレ”が少ない」とのことです。

LGBT 03

(このマークのトイレが、Gender Freeで使えるトイレらしいです)

 
これは大学などの校内だけでなく、公共の場でもそうだと思います。確かにこの部分でもLGBTの人にはストレスが出てしまうんでしょうね。。ただ、これを解決するにはまだまだかなりの時間がかかってしまうと思います。と言うのは、「校内、もしくは公共の場にもっとGender Freeのトイレを!」と言ってみたところで、”予算”がないと設置できないですからね・・。上記”法改正”のような、費用・コストがあまりかからないところからの環境整備から始めて、今モントリオール・ケベック州は実生活での問題点の解決に移行しているところなんでしょうね。

日本でも同じような状況に持っていくにはまだまだ時間がかかると思います。ただ少なくとも、法律等で「差別(就職時、お部屋を借りるとき、サービスを受けるときなどなど)」を禁止するようにすべきでは?と思います。「個人的な感情」でLGBTを受け入れることができない人たちがいることは十分理解できますし、それも一種の「多様性社会」だと思います。
 
が、社会の変遷に合わせて価値観も変わってくるものです。例えば、日本でも侍の時代には衆道という同性愛(男性)が公にありましたし。女性の場合もあったと思います、私は歴史に詳しくはありませんが・・。


つまり、日本の社会・文化・歴史の中でも「同性愛」が受け入れられたり、受け入れられなかったりする時代があった、ということですよね?それこそ社会の変遷によって。
 
今後日本でも、もしかしたら「同性愛」等のLGBTが受け入れられる社会になるかもしれませんし、またそうならないかもしれません。

ただこの100-200年ほどでしょうか、世界的に(特に先進国と呼ばれる国々で)「人権」意識が高まってきていると思いますので、その流れの上からも、まずは個人の感情による判断をさせないよう「法による差別禁止」を制定するべきだと思いますよ。

特に日本の場合は、「(日本国外からの情報・方法などすべてを)なんでも受け入れ、自分たちの中で消化する」ことができる、「吸収力抜群で柔軟性のある」(なんか、掃除・洗濯用品のプロモーションみたいですね。。)民族・国ですので、社会の流れをうまく作れれば(特に日本では「海外ではみんなやっているよ!常識だよ!」的な誘導を行えば効果あると思います!)、案外すんなり道は開けるかもしれませんね。。


日本でも性の好みや指向性による偏見が一日でも早くなくなりますように・・。
スポンサードリンク