私は生まれも育ちも、社会人として働いていたのも九州。
なので、東京や大阪などの大都市の交通事情はイメージでしか理解できないですが、モントリオールの交通事情もかなりなものです。。


朝夕のラッシュ時の混雑具合がひどいこと、運転マナーがなっていない人が多いこと、などなどなど・・・。
 
私も毎日マイカー通勤なので、日々ストレスを感じながらの出勤です。。。


カナダのニュースサイトで見たんですが、カナダで交通渋滞がひどい・ワースト10の道路。
カナダ第一の都市トロントと第二の都市モントリオールでトップ8まで独占。ちなみの第9、10位はどちらもこれまた大都市圏のバンクーバーでした。

Traffic Jam 01
 


私の家からオフィスまでは大体40kmくらいの距離。そしてその通勤路のほとんどが高速道路。
渋滞がなければ、Door-to-Doorで大体40-50分くらいなんですが、毎朝1時間15-30分かけて通勤・・・。
 
夕方帰る時はちょっとはましですが、それでも渋滞には毎日巻き込まれています・・・。



このニュースサイトによると、この渋滞が理由で、マイカー通勤者のみでなく、地下鉄やバスを利用している人たち全部含めた、「平均遅刻時間」は約23分とのこと。

つまり、モントリオールで働いている人たちは毎日平均で23分ほど遅刻しているんです・・・。興味深い・・・。

Drive 01


私もマイカー通勤しだしたのはここ1年ほどです。が、それ以前もバス通勤やプライベートで車を運転していました。そこで私が見た「モントリオールの交通事情、ここが問題!」と思う点を・・。


1. 道路整備がひどい!

「これがカナダ第二の都市??」っていうくらい、道路の整備事情がひどいです。。
通行料の多い高速道路ですら、穴が開いていたり、ひび割れがしていたり、大きな溝のような亀裂が入っていたり・・・。
 
まともな道路を見かける方が難しいかも?と思うくらい、少なくとも私の通勤路では、特にモントリオール市街地に入っていくほど道路整備状況はひどいです。

あまりにひどいので、それが原因(穴ばかりで、通過する車がスピードを落とす→渋滞する)での渋滞も頻繁に起きていますし。

確かに、夏は高温多湿(30℃超え)、冬はー40℃近くに達する日もあり、その差が道路に与える負荷は大きいと思います。
なので、道路自体の寿命も短いんでしょう。また、それを全部修理するほどの予算がないのも理解できます・・・。でもせめて、交通量の多いところだけでも。。

2. 工事計画がずさん!

たまにニュースで見るのが、「○○年かけて作った高架を取り壊し。理由は他道路との接続がうまくいかないため。」とか、「道路整備計画を3年後ろ倒し」などの、「これってちゃんと計画立ててやってるの?」と疑うような工事が沢山。特に、せっかく作ったのに計画がずさんだったために取り壊した道路については非難囂々でした。それはそうですよね、税金が無駄に使われたわけなんで。

今、モントリオールでも交通量が多い方で且つ私も日々の通勤に利用しているある区画が3年の工事期間に入っています。
 
3年間、その区間は通行止めとなり、でもだからと言って代替道路や道順などもありません。。ただモントリオール市からは、「道路拡張工事のため3年間通行止め」としか・・・。
なので、この区間周辺は毎日渋滞・・・。それが少なくとも3年は続く(3年で終われば良いですが)・・・・。ストレスです・・・。

3. 毎年あるのに教訓を学ばない!

これは特に公共機関や市に言いたいんです。
 
毎年、その冬初めての雪や凍結(だいたい12月ごろでしょうか?)が発生した際、必ずバスが遅延したり、道路が凍結して渋滞が起こったりするんです。
毎年、です。

例えば、雪の予報が入ったり、もしくは12月の段階でバスは全て冬タイヤ装着すること、とか凍結予想される前日から市は除雪車や道路凍結を防ぐ車(道路に塩や砂をまく車)を市内全域をカバーさせるために一晩中走らせるとか・・・。なんで毎年同じミスを繰り返しているのか、本当に不思議だし、イライラしますよ。。これも日本のレベルの高い行政対応、または競争の激しい民間企業のお客様本位の対応(昨日のブログと被りますが)に慣れているから感じることなのかもしれませんね。

カナダ人は特にこれに関しては不満も疑問もないようですから。。

4. ドライバーの質が悪い!

これは日本も今はそうなのかな??
でもこっちは本当に「自分本位」「自己中心」の人が多くて嫌になります。多分この部分でのストレスが一番大きいです、個人的には。
 
- 低スピードで追い越し車線に居座る。
- めちゃくちゃあおってくる車が多い。クラクションやハイビームなどなど。
- ウィンカーを出さずに左折・右折する。
- 無理な追い越し・割り込み。
- 「この先車線減少」とあっても、少しでも前に行きたいがために無理に先に走って、無理に列に割り込む。。


などなど数え上げたらきりがないです・・・。


カナダ人自体の運転モラル・交通ルールの認識が低いのもあるでしょうが、あと考えられるのは(以前もお話しましたが)「移民」の存在
 
日本のように、ほぼ単一民族で構成されている国・社会では、「価値観・ルール」などが共有されているので、個人差はあるでしょうが、ある程度皆「同じ方向」を見ることができます。

が、「移民社会」ではそれぞれ育ってきた環境が全く異なるので、それぞれの「価値観・ルール」で判断・行動を起こします。
 
 
それが「ウィンカーをつけない」行動だったりで見ることができるんです。


全て移民が悪い!っていうわけではありませんよ、念のために。
ただ「多様性」ってよく言いますが、これがうまくかみ合うところもあれば、デメリットになる部分もある、ということなんです。
 
また、カナダ人でも本当にマナーが悪い人っていっぱいいますからね(笑)。。なので、最終的には「個人・個性」の問題って行き着くんですが、そうなると「生まれ育った環境」の問題、という風にどんどん深みに入っていきそうです・・・。


もう一つ、ドライバーの質の悪さの証としては「事故」があげられます。
 
これは誇張でもなんでもなく、私は仕事への毎日の行き帰りで、少なくとも1件以上の事故を見ます、毎日。
 
 
必ず路肩に車が(接触事故などで)止まっていたり、警察車両やレッカー車量がやってきたり・・・。


全てがドライバーの問題ではないと思いますが。。私も実は、モントリオールでも交通量の多い「シャンプレン橋」という橋のど真ん中でパンクを起こして車を停めて、大渋滞を起こしたことがあります・・。それも今年に入ってから。。なので、「事故」は一概にドライバーが悪いとは思いませんが、それでもスピードの出し過ぎなどが原因での事故は多いと思います。

Flat Tire 01
(これが私の車のパンク・・・。いまだに理由はわかりません・・。) 




Flat Tire 02

(レッカー移動・・・。高くつきました・・・。)


上記のような点などなどなど・・・。まあ、こうやって愚痴を言っても多分どれも改善されることはないでしょう。。。付き合っていくしかないのですが、やはりどうしても比べてしまいますよね、日本と。。

 
そういった意味では、日本人にとって他国に「移民」するのってデメリットが多いかも。。
社会保険(年金とか)などの部分では日本より全然良いところもありますが、生活の中で「利便性」「快適性」などを重視する人にはつらいと思います。。

 
それが嫌で、一種のホームシックになって帰国した人たちもいるでしょうしね。。


比べてもしょうがないことですよね。。毎日我慢して、ストレスを感じないように工夫してこれからもマイカー通期していきます!
 

(このブログで使用している画像は著作権フリーの画像、および私が撮影した写真です。) 
スポンサードリンク