先週、カナダ東部(ケベック州やノバスコシア州などなど)を襲った吹雪(Winter Storm)。。この吹雪に関する話題が2つ、ネット上にアップされていました。
 
CTV News MontrealとGlobal News Montrealからの情報となります。


1. モントリオール市、除雪業者との契約解除。


モントリオール市の南西地域において、モントリオール市から委託を受けている除雪業者のパフォーマンスが悪すぎる、ということで市はこの業者との契約を解除しました。
 
と言っても、今シーズンはこのままこの業者にこの地域の除雪作業は任せるみたいです。元々市とこの業者間では5年間の契約を結んでしましたが、初年度の今年(今冬?)、もうあまりにもひどいということで1年のみの契約に。。5年契約で約$160万(およそ1億2千万円)だったのに、結局1年で契約解消。。。


具体的には、除雪作業が遅い(吹雪後3日経っても全体の4分の1弱の道路の除雪しかできていない)、除雪作業中に自転車等屋外に止めていたものを破壊している、ごみ収集のために屋外に置いていたごみをまき散らす、などなど。。。プロとして恥ずかしい行いですよね。。これでお金を取るのは”詐欺”と一緒。ついに地元住民の怒りが頂点に達して、契約解除となったようです。
 
しかも今回の件で逆に約1,200万円の罰金の支払いを要求されるようですよ。当然と言えば当然ですね。


市との契約ということで、「くいっぱぐれがない」と判断したんでしょうかね??
でもこの業者はあくまでも「契約」業者であり、公務員でもなんでもなく、市により守られる立場でもないってことがわからなかったんでしょうか??
だとしたら、経営者はセンスないですよね。ビジネスチャンスを失ったし、その悪名はネットやテレビを通してモントリオール中、ケベック中に伝わったことでしょうから、もう生き残りも難しいのでは??


 
でもそんな会社はつぶれて結構。と言うより、消滅してほしいですね。だって税金の無駄遣い・詐欺ですから。下手したら、地元住人から訴えられるかもしれません。
また、この会社の作業員に聞いたところ、この会社には仕事を行うに十分な装備・機材もなく、またスタッフ自体も不足しているようなんです。。ひどいですね…。


うちは繁華街からかなり離れた、静かな住宅街。なので、家の近くには幹線が走っていて、そこは雪が降るたびに除雪されますが、家の前の小さな道路は優先順位が低いので頻繁には除雪されません。
それでも、ある程度雪が積もりだし、危険だと判断されたら市の除雪スタッフ及び市と契約している除雪業者が真夜中でも来てくれますよ。

Snow Removal Car 01

(こういった除雪車が市内中を走り回ります、降雪がひどいときは。)


Snow Removal Car 02

(集められた雪はダンプカーで指定の場所に運ばれます。)


だって、除雪されていなかったら、例えば救急車が必要な場合とかどうするんですか?
一分一秒を争う状況の時は?
 
また、お店などは?雪のせいでお客様が入店できないとなると、かなりのダメージになりますよね?


そういうことを考えると、やはりできるだけ素早く除雪しないといけないんですよね、本当は。そして市の大部分ではちゃんとしていると思うんです。
本当、この業者だけが特別「仕事ができない・使えない」会社みたいです、今のところは・・・・。


まあ、日本でもよく言われることで、ここカナダでも一緒ですが、公共性のある仕事・部署(特に公務員)は、競合するものがないのでサービスの質が極めて悪いです。
 
市役所や領事館などに行ってみればすぐにわかります、サービスの質の悪さが。。。だって、彼・彼女らにしてみたら、仕事ができようができなかろうが、サービスが良かろうが悪かろうが、「組合」が守ってくれるので簡単に解雇されないですもん。であれば、「楽」な方に逃げるのは当たり前ですものね。


この業者も勘違いしたんでしょうね、自分たちのサービスが良かろうが悪かろうが、市により守られるって。
 
市のため、地元住民のため、この会社との契約が来年以降は切れること、本当に良かったと思います。ただ、今年の残りシーズン、この業者がきちんとまともに仕事するかどうかの監視は引き続き必要だと思いますが。。。

ただ問題が・・・。この業者、モントリオールの他2地区でも除雪作業の契約をしているんです!
市長さんは、「この業者もモントリオール市のブラックリストに載りたくはないだろうから、他2地区ではきちんと対応するだろう」と楽観的ですが、もしその2地区でもちょっとした除雪作業の遅れや、質の悪いサービスが地域住民に発覚すると、この会社本当につぶれてしまうでしょうね・・・。まあ、自業自得なので、誰もかわいそうとは思いませんが、地域住民のためにはこの業者は締め出された方が良いと思います!


2. Halifaxで雪の置き場所がない!!


ケベック州のお隣・ノバスコシア州の州都・ハリファクスでは、先週の吹雪により平均80cmの降雪を記録!
 
市は除雪作業に力を入れていますが、もう「雪の置き場所」がなくて苦労しているみたいです。。その影響で、歩道などの除雪が進まず、上記モントリオール市の一部と同じ状況に陥っているようです。
ただ、ハリファクスの場合は「業者の怠惰」が原因ではないのが救いですが、住民にしたら一刻も早く通行できる状態にしてほしいと思います。。


確かに、除雪した雪の置き場所って苦労すると思います。
 
私の勤める会社や大きなショッピングセンターでは除雪した雪を駐車場の一部にうずたかく積み上げていたり、また建設用の石や鉱石の採掘現場に(冬は作業しないために)一時的に市内で除雪した雪を運び込んだりしています。下の写真のように、除雪の際は除雪車+ダンプカーの組み合わせで通常動きます。そしてダンプカーの雪を、上記採掘現場とか人が来ない場所に”捨てる”んだそうです。

Winter View 03

(こんな感じで、駐車場の一部に雪がうずたかく集められているんです。。)

うちの奥さんはモントリオールから北に行ったところの出身で、その地域では除雪された雪は凍り付いた湖の上や川の上、山の中に捨てられていたそうです。
 
ただハリファクスではもう本当に雪の置き場がないんでしょうね。。例年、冬の間は気温は基本的にはマイナスなので、ゆった雪が自然と融けることはありません。逆に融けてしまって、再度氷点下の気温により凍り付いてしまう状態が一番危ないので、そういった状況にならないように本当はすぐに除雪が必要なんです。。

これって、日本ではどうしているんですかね??
やっぱり、除雪した雪はどこか空き地に捨てて、春になって自然と融けるのを待つんですかね??
気になるなー。。。なんか、日本の場合だと「合理的」な、「アッと驚くような」解決策を持っているような気もします・・・・。


ただ、この週末から来週頭にかけて(2/18 - 2/20)は、モントリオールでは最高気温が4-5℃まで上がる予想。まあ、カナダの天気予報は本当に話半分で聞いておかないと後悔しますので、50%くらいしか信用していませんが、もしこれが当たったら、ハリファクスも多分天気は少し良くなるはずですので、雪が融けて、「雪の置き場所」にも余裕が生まれるかも。。


ただし、です。。。。怖いのは来週の中盤以降にモントリオールではまた新たに10cm程度の積雪が予想されているんです。。。
 
上記で言った、融けた雪がまた凍るという最悪のサイクル、そこに更なる積雪・・・・。来週中盤はまともに出社できないかもしれないです・・・。





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク