モントリオールに拠点を構えるある会社が、2016年のカナダ全都市の交通事情を、データ収集・分析によりランキング化して発表しております。
 
それによると、モントリオール市の交通事情、特にラッシュ時の混雑はカナダ全都市の中で一番ひどいみたいなんです。。でも納得、だって私は毎日この混雑の中出勤していますから・・・。

この調査からは、モントリオールの車通勤者及び頻繁に車を使う人たちは、年間52時間も「混雑・渋滞」の中で過ごしているそう。
 
Traffic Jam 02

 
トロントは第2位で同じく年間45時間を混雑・渋滞の中で過ごしているようです。そのトップ10都市は以下をご参照ください:

10) Calgary, AB州 - 15.7 時間/年
9) Hamilton, ON州 - 16.3 時間/年
8) Edmonton, AB州 - 17.2 時間/年
7) Victoria, BC州 - 21.0  時間/年
6) Quebec City, QC州 - 29.4  時間/年
5) Vancouver, BC州 - 30.4  時間/年
4) Ottawa, ON州 - 31.5  時間/年
3) St. John’s, N.L. — 31.8  時間/年
2) Toronto, ON州 - 45.6  時間/年
1) Montreal, QC州 - 52  時間/年


モントリオールの交通事情の悪さは「世界一」ではありませんが、年々悪化していっているようです。
同じ調査によると、モントリオールの交通事情の悪さは2015年には世界第60位だったんですが、2016年は23位と急上昇
同じく、トロントも2015年は84位だったのが2016年には53位とこちらも急上昇。。

ちなみに世界一交通事情が悪いのはロサンジェルス。上記年間の混雑・渋滞時間で言えば、104時間を過ごしているそう!
 
つまりモントリオールのほぼ2倍。。。今の通勤時間でも疲れるし、イライラすることもあるのに、その2倍なんて想像できません。。。

以下、モスクワ(同91時間)、ニューヨーク(同89時間)、サンフランシスコ(同83時間)と、アメリカの大都市が多いですね。


ちょっと細かい話になりますが、モントリオールの交通事情を悪化させている原因の一つが下記写真のインターセクションの工事。

Turcot interchange (The Canadian   Press)

(The Canadian Pressより。)


私もこの辺りを毎日通勤で通るのですが、この工事、モントリオールの中心部へつながる高速道路やメインの道路の工事を行っていて、去年から始まっています。
 
そして、完成予定が2-3年後。。。つまり、あと2-3年は今のひどい交通事情が続く。。。ネガティブな見方をすれば、モントリオールでは(カナダ全土でも同じかも)、基本的に工事が予定期間で終わることはないので、上記予定も「最低」後2-3年は続く、ということ。もっと長くなる可能性が大きいです。。


この工事の影響により、周辺道路を含めて車線減少や通行不可のところが数多く発生。これが今の渋滞悪化の原因の一つだと思うんです。。。


私も本当はバスや地下鉄での通勤をしたいのですが、今の会社がちょっと離れた所にあり、バスや地下鉄を利用すると片道2時間~2時間半くらいかかるんです。。

 
一方車だと、「渋滞していなければ」だいたい40-45分。でも上記事情のため、朝は大体1時間半くらいかかりますし、帰りも大体1時間ほど。。


まあ、私たちにできることはないので、我慢するしかないんでしょうね・・・・・。でも毎日つらい・・・。

でもちょっとだけ光明もあるんです。それは「夏休み」。
 
たいていの学校は6月-8月一杯は夏休み。それに合わせて同じく夏休みを取るお父さん・お母さんも多いんです、こちらでは。
 
なので、6-8月だけは朝夕の交通渋滞がそんなにひどくないんです!早く6月にならないかなー・・・。

(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク