時が経つのが早いのか遅いのか・・・。前職をリストラされて早10日ほど。
もう10日なのか、まだ10日なのか、感覚としてはえらく長く感じる気もしますが、まだ2週間弱なんですね。。


その間、色々と仕事探しをして且つ応募等もしておりますが、やはり年齢的なことがネックとなっているのか、あまりはかばかしくはないです。また、これは奥さんにも言われていたんですが、もう一つはやはりフランス語。ケベック州ではやはりフランス語ができないと、仕事が限られてくるんですよね。。。そしてその限られた仕事、英語のみが条件の仕事にみんな応募してくるので、結果競争率が上がってしまう。

JOBHUNTING MAR282017 01


なので、もしケベック州にしがらみがない、ケベック州ではなくでも大丈夫っていう永住権保持者・移民は大体移民後5年以内に別の州に移るんです。ケベック州の移民プログラムは他の州と比べて簡単?なので、まずはこちらで申請し、簡単なフランス語も勉強してテストを受け、移民となる。そしてその後はより良い職を見つけるために他の州に移動する・・・。


うーん、やっぱり就活は難しい・・・。今ちょっとこの機会に新しいスキルを身に付けようと動いています。手に職を付ける、と言いますか・・・。就活と並行して今この新しいスキル習得の準備をしていますが、またこれは別途ブログでご紹介できたら、と思います!

さて本日、Service Canada(カナダ連邦政府の部署で、失業保険や子供手当などの公的補助を担当している部署です)から、先週申請したEI(失業保険)についての書類が届きました。
と言っても、紙が1枚入っていただけですが、ここにアクセスコードと言うコードが書いてあって、これを元にWEB上から自分のアカウントにアクセスできるんです。

EI DOC MAR282017 01


そしてここからが問題なのですが(日本でも同じような仕組みなのかどうかはわかりませんが・・・)、自分のアカウントにアクセスして、2週間に1度、レポートを提出・入力しないといけないんです。

 
このレポートでは、「EI(失業保険)以外に収入があったかどうか」を報告することになります。


カナダでは通常、お給料は日本のように毎月ではなく、2週間に1回支払われます。
EIも同様に2週間に1回支払われますが、人によってはパートタイムの仕事をしていたり、フリーの仕事としていたりする場合もあり、そういった収入分を失業保険から差し引くために、このレポートは重要になってくるんです。

 
でもまあ、多分正直に申告・レポートする人はいないかもしれませんね・・。そういう人たちはそのフリーの仕事等をもらった際に、賃金支払いは現金で、ってお願いしていると思うんです。
これが銀行振り込みや小切手だったら、履歴が残ってあとからService Canadaから何か言われる恐れがありますから、足のつかない現金で・・・。こういったことは例えば不法移民等の従業員及び学生ビザで入国した人に対しても良く行われているんです。


銀行等で履歴が見つかれば、税金の対象にもなりますので、ひどい経営者は現金でしか従業員に支払いを行わない、ってこともよくあります。


ともあれ、私のEIの第一回目の受給は多分あと2週間後だと思います。今週末までにまず上記のレポートを提出しないといけませんから。

 
それを受けてService Canadaでは、支払額を計算して私の銀行に振り込む、と言う流れになると思いますので、あと2週間はかかるでしょうね・・・。


何かやはり「権利」として恥じることなく受ければよいと思うんですが、一刻も早くEIを受け取らずに済むように仕事を見つけたいですね・・。

 
今まで私の友達も色々な事情からそれぞれの会社をリストラされているケースがあります、中には私よりもかなり年上なのにリストラされてしまった方も。でもカナダ人って(移民も含めて)、のんびりしているというか、「EI受給しなくちゃ損」(公的援助は受けないと損)って考えがあるんでしょうか、結構皆EIを受けつつ、のんびりまるで長期休暇を楽しむように過ごしていたんです。まあ確かに、それまで自分の給与からこういう時のためにEIが差し引かれていたので気持ちはわかりますけどね。


ただ私はやはり小心者なので、一刻も早く今の状態から抜け出したいと思っています・・・・。

(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク