現地時間本日4/1はご存知エイプリル・フール
沢山のエイプリル・フールがらみの話題がSNS上をにぎわしていますねー。中にはちょっと「シャレ」では済まないような内容のものもありますが、まあその辺りはそういったことをアップする人たちの人格が疑われるものとして、すぐに今のネット社会では攻撃されてしまいますよね。
実際、色々と物議を醸したり、避難の嵐にさらされているものもありますが・・・。


このエイプリル・フール、個人だけではなく、こちらカナダやアメリカでは企業も積極的に発信しているんですよね。
 
例えば、カナダの航空会社West Jet。本来は下記の写真のような機体なんですが、会社の公式ツイッターで「本日より社名をCANADA AIRに改名します!」って!
遊び心満載ですねー。

APRILFOOL APR012017 02
(本当のWest Jet機のデザイン。West Jetのサイトより。) 


APRILFOOL APR012017 01
(エイプリル・フール用のWest Jet機のデザイン。West Jetのサイトより。)


他にもいろいろと面白いエイプリル・フールが・・・:

- アメリカの大手ファーストフードチェーンのBurger Kingはその主力商品であるWhopper味の歯磨き粉を販売開始するとツイッターで紹介。

APRILFOOL APR012017 03
(人気のWhopper。Burger Kingのサイトより。)

 
- アマゾンの人工知能Alexaを利用できるデバイス・アマゾン・エコーが犬や猫など動物の言葉にも対応可能に!とツイッターで紹介。

APRILFOOL APR012017 04
(アマゾン・エコー。アマゾンのサイトより。)
 
- オーストラリアの航空会社・Virgin Australiaが、キャビンアテンダントに犬を採用した、とツイッターで紹介。

APRILFOOL APR012017 05
(新クルーの犬!Virgin Australiaのサイトより。)

などなど。。こういった、「一見して嘘と分かる」ものは悪意もなく、周りを楽しませるもので、本来の意味での「エイプリル・フール」を会社が率先して楽しんでいるっていうのがわかりますよねー。
なので、受け手側の私たちも楽しめると思うんです。これが、「もしかしたら本当かも?」とか、「ところどころに本当の情報をちりばめる」ような形だとただ受け手側を混乱させるだけで、後味が悪いというか、段取りが悪いというか、まあ評価は低いですよね。

 
そういうのもちらほら見かけます・・。


こういった面白いやり方を日本の企業でもどんどん広めてもよいと思います、いい意味で社内でスタッフが一丸となれそうですしね。もちろん、文化的な違いから急に広めるのは難しいかもしれませんが、でも「プレミアム・フライデー」とか、結局骨抜きにされた「残業規制問題」など、押しつけがましく且つ労働者のことを一切考えていないものをいやいややらされるよりは、よっぽど社内で皆の気持ちが盛り上がるというか、一体感を出せそうだと思うですけどねー。。。


どうでしょうか??

(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク