モントリオール警察によると、昨日金曜日の朝、モントリオール市内において自転車に乗った方がトラックに轢かれて死亡する事件が発生。どうやらトラックが交差点を右折時に、死角にいたこの自転車を確認できず、巻き込んでしまった模様。この事件が発生した後、50代のこのトラックの運転手はあまりのことにショックを受けすぐに病院に搬送されたそうです。

Cyclist Death JUL152017 01
(事故の起こった現場。CBC Newsサイトより。)


警察によると、今年自転車が巻き込まれて死亡するまでに発展した事故は今回で2件目。
モントリオールの自転車愛好家のグループは、市内のトラック運転可能地域の制限を提案しています。


確かに、トラックなどの大型の車は沢山見かけますし、正直荒い運転をする人が多いと思います、モントリオールでは。

一方、自転車に乗っている人たちも、マナーが良いとは決して言えません。自転「車」ですから車道を走るのはわかりますが、道の真ん中を走って渋滞を引き起こしていることはしょっちゅうありますし、こちらも自分勝手な運転をしている人たちが多いです。


正直、私にはどっちもどっちの意見だと思います。ただ、歩行者と同様、対「車」と言う関係性で言えば明らかに「弱者」になるので、意見が通りやすいというのはあるかと思います。


それよりも、先週か先々週のブログでもお話ししたような、モントリオール市内の車のスピード規制を強化する方がまだ問題解決に近いと思います。


どちらも「譲り合いの精神・一歩先を考える行動」で乗り越えられると思うんですが、そこはモントリオール。誰も「自分」が余計な行動を起こすことなく、「相手側・法律」を自分の有利なように変えようとするんですよね・・・。まあもう慣れましたけど・・。


最後にこちらはアメリカからの映像ですが、さすがにこれは車の方が悪いと思いますが、コメントにもあるように、自転車も道の真ん中から左寄りを走っているのも悪いと思います。これこそ上記モントリオールでの問題を表している良い例かもしれません!
https://www.facebook.com/globalmontreal/videos/1441134509267643/

(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)