私もこのニュースを見てちょっとびっくりしたんですが、いわゆる「マーケットプレイス」を立ち上げ、運営していたケベック人・Alexandre Cazesさん若干25歳にして、このマーケットプレイス・AlphaBayが大当たりしたのでしょう、すぐにMillionaireになり、直近4年間を過ごしていたタイ、そしてキプロスに多分グアテマラだと思うんですが、その3カ国において、車や不動産などの高級品を所持し、且つ莫大な現金も所持していたそうです。推定ですが、彼の総資産は2,300万アメリカドル(約25億円)で、そのうちの約半分の1,250万アメリカドル(約13億円)が不動産や高級車に費やされていたそうです。

AlphaBay JUL232017 02
(Alexandre Cazesさん。CBC Newsサイトより。)

しかしながらこのAlphaBayと言うサイト、実は「闇サイト」(アメリカ政府によると)であり、ここを通して武器類やドラッグ、そして盗まれた個人ID等が取引されていたそうで、アメリカ政府によると世界で一番「利益を上げている」闇サイトなのだそうです。そしてこのサイトの利用者は約20万人も。。。アメリカ政府(及びFBI)はこういった状況を受けて内々に捜査していたようで、ついにこのサイトを立ち上げて実質運営していたAlexandreさんを実質的な「闇取引の主導者」とみなして、彼が滞在していたタイにおいて逮捕しました。それが7月5日のこと。


そしてAlexandreさん、1週間後の7月12日にはタイの留置所?刑務所?どちらかはっきりしませんが、拘留されていた場所で自殺をしているのが発見されます・・・。つまり真相はそれこそ永遠に「闇」の中に。


アメリカ政府・タイ政府及びカナダ政府はそれぞれこの件に関して調査をしており、現在わかっているだけでAlexandreさんは約660万カナダドルをBitcoinに所持しており、他に約240万カナダドルをEtherium、約62万カナダドルをMonero、そして約98万カナダドルをZcashにと、複数のE-Walletサービスに資金を持っていた模様。また、その他にも少なくとも11の銀行口座を持ち、それらはリヒテンシュタイン、スイス、タイなどで開かれていたようです。こういった発見された資産は現在はすべてアメリカ政府によって差し押さえられている模様。

AlphaBay JUL232017 01
(問題のサイト・AlphaBay。現在は強制閉鎖中。CBC Newsサイトより。)

今回の事件に関して、Alexandreさんの両親はアメリカ政府の対応を強く非難。Alexandreさんは「闇サイト」を作ろうとして作ったわけではなく、主導者ではないといった反論をしています。


が・・・・。これは個人的な感想ですが、もしご両親の主張の通りだったとしても、AlexandreさんはAdminとしてAlphaBayのデータアクセスができていたはず。そこでどういったものが取引されているかも見えていたはず。それを分かっていながら、(多分お金のためでしょうが)放置していたのは、やはりAlexandreさんにある程度の罪があると思いますよ。


なので厳しい言い方ですが、Alexandreさんもそのことを十分わかっていたので、本国カナダやアメリカには住まず、タイなどの外国に住んでいたのではないでしょうか?(また、Alexandreさんはタイ人女性と結婚していたみたいなので、それもタイ滞在の理由の一つだと思いますが)


そして、自殺を遂げたのも、自分の行いを理解して、アメリカ政府の追求からは逃げられないと思ったからではないでしょうか?


ご両親の気持ちもわかりますが、Alexandreさんが闇取引とは全く無関係だった・責任は全くなかった、と言うのはやはり違うと思います。


ともあれ、こういった形でケベック人がカナダやアメリカ、そして世界のニュースに載るなんて、本当にびっくりしました・・・。



(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク