これはちょっとショッキングなニュースでした。

モントリオール在住の32歳の女性が、月曜日の早朝2:30頃、パートナーとみられる男性(ニュースソースによっては夫とも言われております)に身体数か所をBBQ用のナイフ等で複数回にわたり刺される事件が発生。女性は命に別状はなかったものの、おなかの赤ちゃんが危険な状態になったということで急遽帝王切開を施したのですが、残念ながら赤ちゃんは亡くなってしまいました・・。

Stabbed JUL242017 02
(事件のあったアパート。CBC Newsサイトより。)

警察はまだこの事件の詳細を発表していませんが、警察や新聞報道によると、このカップル(夫婦)は頻繁に口論やけんかをしていたようです。


それは近所の住民も証言しておりました。


そして今回の事件、まずは前日の日曜日の午後11時過ぎにこの女性が警察へ助けを求める電話を掛けたところから始まりました。

どうやらその日も二人はけんか・口論、もしくは女性の方がDVを受けていたようで、男性の方が家を離れたすきに警察に通報。

すぐに警察がやってきて、この女性に二人の子供とともに、今すぐ家を離れるように(男性から身を隠すように)強く言われます。

女性はその言葉に従って、2人の子供とともにいったんは家を離れます。


その後、親せきの家が友達の家に子供を預けていたのでしょうか、理由はわかりませんが、なぜか彼女だけ家に戻ってしまいます。そしてそこに男性も帰ってきて冒頭の事件が発生・・。


ちなみにこの男性は、事件のあったアパートから離れたところで同じく月曜日の朝警察により逮捕されております。


本当、いたたまれないというか、言葉も出ない事件です。。

Stabbed JUL242017 01
(逮捕される容疑者男性。CBC Newsサイトより。)

以前も少し書いたかもしれませんが、DV被害に会っている方は自身が特殊な状況にいるっていうことが理解できないほど、洗脳に近い状態に置かれているんでしょうね。。


これは本人だけでなく、今回の事件のようにおなかの中の赤ちゃんや子供、もしくは以前ブログでお話ししたようなペットなど、周りにも悪い影響を与えてしまいます。


もっともっと法整備を強化して、こういった悲劇がなくなるようにDVに対しては周りも警察ももっと強気に、そしてもっと中に入り込んで対応するようになってほしいものです・・。

(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク