とうとう、というか、やっと、というか・・・。
ついに、「モントリオール-東京」の直行便がエアカナダから就航予定!
それも季節限定ではなく、1年を通しての運行予定!

来年(2018年)の6月より、夏季は1日1便、冬は週3便の予定でモントリオール-東京(成田)間での運行する予定というのを、本日エアカナダが発表しました。

AIRCANADA AUG232017 01
(エアカナダ万歳!The Starサイトより。)

やった!!!!


これでもう面倒な乗り継ぎも必要なくなるー!!


現在、カナダと日本間にはトロント・バンクーバー、そしてカルガリー発着の便が就航しており、週に約45便ほど飛んでいるらしいんです。それに加えて今回の新路線。確かに、バンクーバー、カルガリーと西側の路線は充実していますが、東側はトロントのみ。もしくはニューヨークなどいったんアメリカに入るっていう面倒なフライトしかなかったからですねー。。


ケベック州にとっても、日本は第6番目に大きな経済的な取引相手国。去年のケベック州の対日本の経済的な取引額は約13億カナダドル(約1040億円)。ケベック州内の企業のうち約600社ほどが日本との何かしらのかかわりを持っている、との情報もあり、日本って結構大事な相手らしいんです、ケベック州にとってみると。

AIRCANADA AUG232017 02
(次回の帰国は来年6月以降にしようっと。La Presse誌より。)

今回の東京直行便の就航で、更に日本からのビジネスを呼び寄せたり、またケベック州内の企業の日本進出を促進したりと、大きな経済的な発展を見込んでいるみたい。確かに、去年か今年にモントリオールと北京の直行便が就航したのも、中国からの観光客呼び込みを見込んでのこと。それと同様に今度は日本をターゲットにしたんでしょうねー。


何はともあれ、直行便ができるのは本当にうれしい!!


(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク