アメリカでもう3年以上もドラッグがらみの罪で指名手配を受けていた人物を、モントリオールの警察官が逮捕するというニュースが。

カナダとラオスの二重国籍を持つKatay-Khaophone Sychanta,35歳。

Fugitive AUG292017 02
(アメリカ政府のサイト?CBC Newsサイトより。)

彼はアメリカの「最も重要な・捕まえなくてはいけない指名手配犯10人」に登録されているほど、アメリカ政府がずっと追いかけていた人物。彼は2005年に初めてドラッグがらみの犯罪でミシガン州で注目されて以来、数々のドラッグ密輸等にかかわっているとして、アメリカ政府から最重要犯罪者として登録されていました。


彼のかかわっていたといわれるドラッグ密輸では、エクスタシー数百万錠、何百キロにも及ぶマリファナなどなど、その罪状は数知れず・・。


そんな彼は先週、モントリオールのとある鉄道駅の近くで警察官に尋問され、逃亡を企てますが、あえなく御用に。

Fugitive AUG292017 01
(現在彼はモントリオール警察に身柄を拘束されています。CBC Newsサイトより。)

彼はその際偽造身分証明書を提出してその場を逃れようとしたそうですが、これも指紋を取ってみると身分証明書と一致しないことが判明。

まあとにかくいろいろと逃げようとしたみたいですが、結局は捕まってしまったということですねー。
現在彼はモントリオールの裁判所で審理が行われていますが、今後はオンタリオ州に移送されてそこでも審理され、最後にはアメリカに引き渡されるみたいです。


やっぱり海外にいるとドラッグなどの犯罪が結構身近にあることを実感しますよね、こういった事件を見ると・・。


でも今回はモントリオール警察を褒めたいです!今後も一般市民、日々をつつましく生きている人たちを守ってほしいです!




(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク