今日のニュースはトルコから。子供の夢を壊してしまうかもしれませんが、サンタクロースのお墓が発見されたというニュースが!正確にはまだお墓自体は発見されていませんが、サンタクロースのモデルになった聖ニコラスのお墓と思われるものが発見間近とのこと。

場所はトルコはAntalyaという街にある聖ニコラス協会跡地。

SantaClause OCT062017 01
(聖ニコラス協会跡地。Global Newsサイトより。)

この聖ニコラスという方がサンタクロースのモデルなんだそうです。この方、聖人扱いされているのを見ればわかる通り、生前の行動もかなり慈愛に満ちたもの。常に弱者や貧しい人たちに寄り添い、彼自身生まれはかなり裕福な家庭だったようですが、常に社会的弱者に慈愛の手を差し伸べていたみたいなんです。そのため、今でも特にヨーロッパの敬虔なキリスト教徒の方たちの間ではこの聖ニコラスの人気は高いんですって。

SantaClause OCT062017 02
(教会内部には装飾品がキレイに保存されているそうです。Global Newsサイトより。)

しかも通説では、この聖ニコラスが亡くなって約700年ほどが経った時代、彼の骨がイタリアはバリに移動していたことになっているんです。これも彼がキリスト教徒の間で大変な人気を誇っていて、その骨だけでも自国で保管したいっていう希望があったのかもしれませんねー。


ただし、今回の発表により、この移動していた骨が実は別人のものだった可能性も出てきました・・・。


この聖ニコラス、彼の行動を賛美したヨーロッパで一躍人気となり、クリスマスの父と呼ばれ、特にオランダでは「Sinterklaas」という名前も。これが現在のサンタクロースという語源につながるんですって。それが世界的に有名になったのは、アメリカの詩・「聖ニコラス協会を訪ねて」が1823年にアメリカで出版され、爆発的な人気を博したことが発端らしいんです。

うーん、いろいろと面白い起源があるんですねー。

SantaClause OCT062017 03
(子供達にはなんと説明を・・・。Global Newsサイトより。)

とにかく・・・・。ちびっ子たちの夢を壊してしまいそうなニュースですが、やっぱり興味はありますよね。
実際本当に彼の骨などが発見されるのか。。。続報に期待です!


(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク