アメリカはテキサス州からのニュース。
ダラスに住むKaylene Bowen-Wrightさん(34歳)は、息子のChristopher Bowen君(8歳)を、2009年から2016年の間に323回も病院及び緊急医療センターに連れていき、うち13回大きな手術を受けさせたという記録がありました。

毎回病院に行くたび、そしてChris君が検査を受けるたびに母親のKayleneさんは泣きながら「Chrisは昏睡状態なんです」って言っていたそうです、父親のRyan Crawfordさんよると。この父親のRyan CrawfordさんとKayleeさんはここ3年間、Chris君の親権について争っているそうなんです。


母親のKayleeさんはその上、Chris君には動脈・静脈に異常があるとして、自転車ラリーによる募金活動を行ったり、GoFundMeと言うSNSサイトでChris君の病気に対する募金を呼び掛けていました


が、ここにきて事態が一変。。。


テキサス州の児童保護サービスセンター(Child Protective Services)によりますと、Chris君は上記母親が主張する病気はおろか、癌などの深刻な病気・症状は一切見られないと発表しました。つまり、Chris君は身体上は健康そのもの

Pediatric DEC162016 01
(治療を受けるChris君。Global Newsサイトより。)

これよによりKayleeさんは緊急逮捕。無駄に子供の体を傷つけたという理由でしょうね・・。でもこれ、いったい何が理由でこういう状態になったんでしょうか??過保護の行き過ぎなのか、上記基金などのお金が目的なのか・・・。


もしか保護の行き過ぎであれば、Kayleeさんこそ通院・入院が必要な人だと思います。たぶん、どこかしら精神的に病んでいる部分があるでしょうから。もしお金目的であれば、ひどいですよね。。でもそもそもアメリカでは皆保険制度があるとはいえ(オバマケア)、日本やカナダに比べてまだまだお粗末。上記のように10回以上も手術をするには大金が必要なはず。ではお金目的ではないのかも・・・。


いずれにしろ、被害者であるChris君が一番かわいそうですよね・・・。彼の心のケアも含めて、警察や児童保護センターがChris君をしっかり保護して欲しいと思います!





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク