これは先週のお話なんですが、モントリオールの高速道路において、先週土曜日の朝10時ごろ、1台のバンが危険運転をしているという通報が警察に複数寄せられました。警察の発表によりますと、このバンは少なくともそれぞれ別の場所で3台の車と接触事故を起こしたそうです。


少なくとも、ってことはそれ以上の事故・衝突・接触を起こしている可能性もあるってことですよね・・・。


驚いたことに、このバンには4人の子どもが同乗しており、そして最悪なのがどうやらこの運転手(40歳・男性)、ドラッグを使用していたみたいなんです!もうドラッグ使用だけでも犯罪なのに、そのうえで子供たちを巻き込んでの危険運転。

SQ DEC182017 01
(警察もこういった犯罪者には厳しく対応して欲しいものです。Global Newsサイトより。)

これはもう「殺人未遂」と言っても良いんじゃないんでしょうかね??ドラッグをして車を運転するっていうのは、ちょっと意味合いは違いますが、泥酔して車を運転することと一緒。どちらも何の罪もない人を巻き込む事故を起こす危険性のある行為、つまり傷害罪とか殺人未遂罪とかと同じだと思います、私は。それを認識していたうえで車を運転するわけですから、これは明確な「殺意」「人を傷付ける意思」があったと言っても良いと思うんです。


そもそも、やはり日本と違って身近にドラッグがあるのでこういったことも起こるんでしょう。。。それなのに大麻解禁するっていうのはちょっと怖い気がします、カナダは大丈夫ですかね?まあ巷やニュースなどでは大麻ってそれほど依存税がないとか、意識が飛ぶことはないとかって言いますけど、それも使い方次第ですよね?お酒との併用とか、体質に合わない人もいるはず。


でもそれが合法化されることで、今回のように意識が飛んだ状態での運転とか、そういった状態で公共の場にいること自体がもう周りにしてみたら「恐怖」でしかありません。


この今回の事故に関しても、運転手には厳罰を科して欲しいし、また改めて大麻を含めたドラッグについてもう一度考え直してほしいものです、カナダ政府には・・・。





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク