ちょくちょくこのブログでも話題にしていますが、宗教的な価値観の違いによる摩擦、また移民してきたのにその国のルールよりも自分たちの宗教のルールを重要視することで地域住民との間に起こる摩擦など、はっきり言ってカナダだけでなく世界中でイスラム教徒に対する厳しい目が注がれていると思うんです、現在。勿論それだけでなく、両者を融和させようとする多くの運動もあると思います。


さてそんな中、ケベック州の警察官・Nicolas Thériault、46歳は、オンラインサイトにおいてイスラム教に対するヘイトコメントを残したとして逮捕されました。この情報自体、カナダ連邦警察(RCMP)からケベック州警察にもたらされたもので、多分カナダ連邦警察内のヘイトクライム対策課みたいなところが動いているんでしょうね。


hatecrime DEC242017 01
(どうしたら、少なくともお互いに傷つけあう状況を脱せるのでしょうか・・。CBC Newsサイトより。)


現時点ではこのNicolas Thériaultがどこかのグループに所属しているとか、こういったヘイトクライムの前科があるとかは一切明らかになっていませんが、今後明らかになってくるでしょう。


やっぱりどうしてもこういった摩擦・相互憎悪?みたいな連鎖って止まらないものなのでしょうかね・・・。


難しい問題だとは思いますが、モザイク国家のカナダであればこそ、こういった問題を積極的に解決しないと、カナダと言う国家自体の根本が崩れるかもしれませんしね。今のトルドー首相のように(左派勢力)、一方の側だけを擁護するのではなく、ちゃんと・きちんと両者の主張等を評価する第三者機関を設置して、本気で問題解決を取り組む姿勢を見せる必要があるのでは??





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク