一言でセクハラと言っても、それが本当に問題になるのかどうか難しいところがあります。
と言うのはセクハラって告発ベースの犯罪ですので。つまり、受け手次第でセクハラにもなるし、好意的なスキンシップにもなるってことです。本当、生きにくい時代になりましたよね・・・。


これって私だけの感想かもしれませんが、現代人って自分達で自分達自身を「他社との関係を断ち切る”引きこもり”状態」にしているんだと思います。勿論、権力や暴力と言った"力づく"での関係構築は迷うことなく「セクハラ」に当たりますし、それは私も絶対に許してはいけないことだと思っています。


ただ、一昔前のように軽く肩に触れる("頑張って!"と言う意味合いで)と言うようなほのぼのとする風習も今はこのセクハラと思われるということで遠慮することが増えているんでしょうね・・。そのくせ世間的には「人間関係が希薄な時代・昔の人情味のある関係性が懐かしい」的な論調が出ていますが、それは矛盾していますよね。それはもう訳が分からないです、だって自分たちで他人との関係性を絶つような雰囲気を醸し出しているにもかかわらず、「構ってほしい」と思うなんて、ダダっ子と言うか、勝手すぎますよね・・・。


さて本件。こちらも私にははっきりと「セクハラ」に当たるのかどうか不明ですが・・。
モントリオールに2校ある英語系の大学。そのどちらにも沢山の日本人留学生が通っていますが、そのうちの1校、Concordia大学において、ある教科の教授が過去10年ほどの間に10名以上の女子生徒と不適切な関係を築いていたとして告発されました。で、大学側はすぐにこの教授を停職処分に・・・。

Concordia JAN132018 01
(Concordia大学。果たしてこの件、本当にセクハラに当たるのか、注目です。CBC Newsサイトより。)

私が知りたいのは、その「不適切な関係」が果たしてセクハラに当たるのかどうか、と言う点です。
と言うのは記事では"Romantic Relationship"を結んだ、との女生徒の告発があるだけで、そこに至るまでの過程が書いてないから。もし知っている人がいれば教えてくださいー。


なのでこの時点ではこれってセクハラと言えるかどうかわからないと思うんです。確かに生徒と教授と言う利害関係が生じる関係ではあると思いますが、その関係が教授の権力(例えば"付き合わないと単位をあげないよ"等と言うとか)を行使して作られたものなのか、単純に口説かれていわゆる"自由恋愛"の範疇なのか、そこが不明です・・・。


ともあれ、今後どういった情報が出てくるのか注目ですが、前述のとおり今世界的にはセクハラ告発が大きな波に乗っています。でもその中でも本当にセクハラに当たるものと、そうでないものがあるはずだし、個人的にはただ単に人間的に嫌いと言うか合わないということで、その人がする一つ一つを「セクハラ」として告発しているケースも沢山あると思います。


本当にセクハラ被害に合われた方たちの救済のためにも、このハッシュタグ・この風潮はもうちょっとなんというかコントロールと言うか、「便乗する人たち」を排除するようにできないものでしょうかね・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク