当ブログでも都度お知らせしているように、今年のモントリオールの冬ってここ2,3年の暖冬傾向の反動でしょうか、かなり寒い上に降雪量も半端じゃありません。モントリオール市の発表によりますと、今年すでに市内では積雪量が135cmとなっていて、例年より50cm以上も多いんだそうです。

SNOW JAN202018 01
(除雪された雪で出来上がる山。こういったものがあちこちにあります。Global Newsサイトより。)

問題は除雪作業。一応これって市が責任を負っているものですが、実際は業者に委託しているんです。
なので、その業者の質によっては全く除雪されていない地区っていうのもあって、去年はそれが大問題になっていました。


去年と比べて降雪量が断然多い今年は、作業量も激増ってことで情状の余地もあるとは言え、家の前の歩道や道路が積雪のままの状態になっているところもまだあるようです。除雪されていたとしても、それがきちんとされていないと全く意味がないんです。私の場合、毎朝駅から会社へ向かう通勤路がそう。


きちんと歩道の除雪作業がされていないので、パウダー状の雪が残って滑るしまた足を取られるしで歩くのにも一苦労。砂浜を大きなブーツを履いて歩いている感じ。もしくは、ドロドロに水と砂が混ざり合った場所をブーツで歩く感じ。毎日こんな道を通っていたら、足腰が強くなりそう・・・。


また、ある日なんか、車道は完ぺきに除雪されていたのに歩道は全くされておらず、結果歩行者はみんな車道を歩いていたっていう危険極まりない状態の時もありました。


ともあれ、今後もまだまだ雪が降りそうなモントリオール。もう少し歩行者のことを考えた除雪作業をしてほしいものです。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク