Tourism Montréalが作った一つの広告が話題を呼んでいます。
下記ビデオがそうですが、これはケベック州の州都であり、第二の都市・ケベックシティーに向けられたもの。https://youtu.be/vaVo5Km0erE


内容は男性の声で、ケベックシティー(多分女性として見ているのでしょう)に対して「自分は変わったので会いに来てほしい」と言うようなもの。観光客の誘致を恋人同士の会話、もしくは分かれた相手への誘いとして作っているみたいですねー。

MTL-Tourism Ads FEB172018 01
(こういう遊び心とそれに対する返答って素敵ですよねー。Global Newsサイトより。)

実はこういった広告、Tourism Montréalは結構作っているらしく、色々な都市へアプローチ?かけているんですって。ただここからが面白いんですが、なんとケベックシティーがこの広告に対して”返事”をしたんです!これはTourism Montréalも予想していなかったもの。


それがこちら:


なんかおしゃれですよねー!ウィットに富んでいて、見ていても面白い!こういった感性と言うかおちゃめ心と言うか、そういうのって大事だなーって改めて思いました!

このケベックシティーからの返答で彼女は「お互いの中間地点で会わない?」と提案。中間地点って、Trois-Rivièresあたりかな?





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク