まあこの大会が始まる前まで、前回のソチ五輪まで4大会連続で金メダル獲得中だったカナダ女子アイスホッケー。その5連覇の夢が破れたという点では気持ちはわかります。また、女子アイスホッケーが正式種目になった長野オリンピックでもアメリカに敗れて銀メダル。それ以来、今回もまたもやアメリカに敗れての銀メダル

アイスホッケーでいればアメリカはカナダの宿敵。なので心中穏やかではなかったのは理解できます。

Jocelyne Larocque FEB242018 01
(やっぱりこの態度はいただけないですよね。CBC Newsサイトより。)

が、やはりあの態度はいけないですね。カナダ国民からも非難ごうごう巻き起こっています。
ちなみに前回まで4連覇していた時、その決勝戦はすべてアメリカ戦。つまりアメリカは5大会ぶりに雪辱を晴らしたって形になりますね。逆にアメリカは歓喜でいっぱいでしょうねー!


オリンピックってあくまでも「アマチュア」が競い合う場ですよね。であれば、こういった態度が出るのはオリンピック精神からかけ離れているし、第一その辺のフォローをチームマネージャーや監督、コーチがしっかりしていなかったのも悪いと思います。


ちなみに確か前回のオリンピックだったか、世界大会だったか忘れましたが、数年前もカナダ女子アイスホッケーチームは問題を起こしていました。それは確か未成年の代表チームだったと思いますが、大会優勝でハイになったんでしょうねー、アイスリンク上でアルコールの飲酒を始めて、それをSNS上にアップしていたんです。



そのころから比べても、カナダアイスホッケー協会?の選手の「心の教育・ケア」が全くされていないというか、重要視していないっていうのが良くわかりますね・・・。


つまり、オリンピックの本来の精神がカナダを含めてそうですが、あまりしっかり守られていない気がするんです。それこそ「プロ」並みに「結果だけが全て」と言う考え方。それであれば、もうオリンピックは必要ないんじゃないんでしょうか?だって各種目とも世界大会があるでしょうから、そこで「プロ」としての心構えで挑戦すればよいだけのこと。


オリンピックに求められているのは、日本の部活のような「教育」としての面もあるのではないでしょうか?そこの部分をもう少ししっかり各国が理解し、選手たち・指導者たちに浸透させるべきだと思います。また、昨今のオリンピックはちょっと「政治色」が強いと思うので、それも払しょくすべき。そういった諸々の課題を見事にクリアして欲しいものです、東京オリンピックでは!





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク