カナダのクレジットカード会社の調べによりますと、カナダ西部の年に住んでいる人たちの方が、その他の地域に住んでいる人たちよりも個人負債の額が大きいそうです。この個人負債には住宅ローンや車のローンなどのいわゆる”ローン”は含まれておらず、日常生活において消費財(食料とか衣類とか)を購入する際にクレジット(負債)を利用している人たちのことみたいです。

VANCOURVER MAR042018 01
(負債額が一番大きい都市・バンクーバー。CBC Newsサイトより。)

この記事によると、バンクーバーの個人負債の額は約$38,000(約300万円)と、前年の$36,000から約6.5%の増大。これって結構大きな数字みたいですよ。


この負債額の増大、物価上昇やカナダ西部の生活費がその他の都市に比べて高く、また上昇率も高いというものありますが、記事によればバンクーバーでのこの負債額のほとんどが「持ち家の改築・改装」に充てられているんだそうです。今カナダは大体全土において住宅市場が高騰しているので、持ち家と同じ価値の家を探すのが困難なんですって、特に西部では。なので、将来の持ち家の価値を高めるため、また現時点で持ち家での生活をよくするために改築や改装にお金をまわしてい人達が多いとのこと。

VANCOURVER MAR042018 02
(モントリオールやケベックシティーは負債額が比較的少ないんですね。CBC Newsサイトより。)

この負債額の記事、なんか悪いニュースみたいですが、バンクーバーは支払期限を超えても返済しない人たちの割合が4.6%とかなり低く、カナダでも2番目に”優良な負債者”の都市でもあるそうです。


まあ、生活していくうえでどうしても借金・負債を持たなければいけない場面って往々にしてあるもの。そこをどううまく切り抜けるか、うまく借金と付き合うかが問題だと思います。私も去年は本当に予定外の出費が多くて、結果コツコツと返済してきたクレジットカードの個人負債がまた元に戻る始末・・・。「借金とうまく付き合っていく」と言うのは大変だけど、でも生活からは切り離せないものですよね・・。


この記事を参考に、けちけち生きていくのはなるべくしたくないけど、でも無駄な出費を抑えるような生活にしていきたいと思います!





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク