最近、この手の問題が良くニュースで報じられているんですよねー。なんでかな?
邪推ですが、来年の総選挙に関連しているのかも・・。苦戦が伝えられるトルドー首相の援護射撃的に、Diversity(多様性)を貴ぶ雰囲気を作って、それに反対するグループを攻撃する・・・。邪推かな、やっぱり。


でもCBCニュースとかは結構トルドー首相応援っぽいんですよね。アメリカのFOXのようにあからさまに現政権を応援、NDP支持っていう感じではありませんが、支持率下落のトルドーさんを擁護する・応援する論調が目立ちますしねー。


さてこの問題、私は個人的には何を着用しても良いと思うんです。
ただ問題は、いつも言っているように、「カナダの利益を一番に考えられるか」と言う点。ターバンであれ、ヒジャブであれ、何を身に着けようが(それが安全面で問題がない限り、他の人に不快感を与えない限り)良いと思うんです。ただし、同じ宗教の人、また自分が信じている宗教の教え等を優先するようであれば、そもそも公務員に就くべきではないと思います。

HC APR072018 01
(ターバン着用の警察官。Global News サイトより。)

多分そういった不安感があるのと、やはり「少数派が少数派であること・弱者であることを利用して色んな分野で権利を主張し続ける」風潮に危機感を持ったからこそ、野党全党が反対しているんでしょうねー。その気持ちもわかります・・・。

HC APR072018 02
(こちらはヒジャブ着用の警察官。Global News サイトより。)

なんかやっぱりそう考えると、来年の総選挙はトランプさんが勝利したアメリカと同様、トルドーさんの行き過ぎた「リベラル」への反動で保守党が勝つかも・・・。ちなみに、歴代カナダ首相で1期のみしか首相を続けられなかった方はたったの2名。トルドーさん、3名目になる可能性は???





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク