日本でも結構前から問題になっている引きこもりやニート。勿論色々な理由があってそうなっていると思うんですが、「怠惰」や「親のすねかじり」、「甘え」でそうなっている人たちも多いことだと思います。そしてそういった状況は海外でも同じ。


ニューヨークに住むChristinaさんとMarkさんご夫婦には30歳になるMichaelさんがいます。が、Michaelさんは仕事もせずに家に引きこもり。このままではだめになると思ったんでしょう、ChristinaさんとMarkさんは再三Michaelさんに家から出て独立するように説得。また、引っ越し資金やMichaelさんの壊れた車の修理費等の援助も申し出たりしますがMichaelさんは一向に返事をしません。

Neet MAY272018 02
(問題のMichaelさん。Global Newsサイトより。)

ご両親はオフィシャルな文章を作成して再三Michaelさん宛に送付(同じ家の中なので、部屋の前に置いたりしていたんでしょう)したのですが事態は進展せず。そしてとうとうご両親はこの件を裁判所に訴えます。

Neet MAY272018 01
(ご両親が出したオフィシャル文章の数々。Global Newsサイトより。)

この裁判でMichaelさんは「最低あと6か月間は家に住めるべき。立ち退き通告の期間が短い。」と訴えますが、既に沢山のオフィシャルな文章をご両親が出しているのでこの件は裁判で却下されました。そして裁判所はご両親の要求通りMichaelさんに立ち退きを命じます。ただし、期間は限定されていません。


この件でMichaelさんは納得がいかず、裁判長から両親と和解するように勧められましたが拒否。家族関係が壊れてしまいました・・・。でもそこまで行くこともあらかじめ予想していてご両親は今回のような行動を取ったんだと思います。失礼ですが、30歳になってまでも親のすねをかじり、裁判所でもきちんとはっきりとは言えないような職(多分、無職なんでしょうが見栄を張って仕事はあるっていった可能性が大きいと思います・・。)で、特に家賃等も親に入れていない・・。


これは今後の生活を考えると、荒療治ですがご両親の取った方法が一番だと思いました。


同じような状況にある沢山の人たちにとっては、ちょっとは参考になる解決方法?かもしれませんね。





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク