先々週のニュースでちょっと古いですが、当ブログでもお話ししていたオンタリオ州議会選挙。選挙前まで約15年に渡ってリベラル党が与党だったオンタリオ州。Kathleen Wynneさんが率いるリベラル党が政権の座にあり、彼女がオンタリオ州政府首相を務めていました、選挙前までは。

ちなみに選挙前までの勢力図は、全議席103議席のうち:
リベラル党:55議席(第一党)
労働党:27議席
新民主党:18議席
その他:3議席

と、リベラル党が過半数を制していましたが、今回の選挙で議席数は124議席に拡大。その結果:
リベラル党:7議席(48議席を失う!)
労働党:76議席(第一党・49議席の増加!)
新民主党:40議席(22議席の増加!)
緑の党:1議席
その他:0議席

と、リベラル党の大敗、その分労働党の大躍進並びに新民主党の躍進と言う結果に。

TORY JUN102018 01
(次期オンタリオ州政府首相のFORDさん。Global Newsサイトより。)

まあ、長年のリベラル政権に嫌気がさしたのかもしれません、オンタリオ州の投票者は。

TORY JUN102018 02
(歴史的大敗を喫したリベラル党党首で前オンタリオ州政府首相のKathleenさん。Global Newsサイトより。)

さてさてこれが11月のケベック州議会選挙、及び来年の連邦議会総選挙にどう影響するかな??

私はやっぱり連邦政府に対してオンタリオ州民が"NO"を突き付けているとも感じますが・・。





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク