ニュースによると、18年前の2000年、BC州の音楽祭に出席していた、当時28歳のトルドー首相。勿論その頃は国会議員でもなく一市民。ただし、お父さんが元々有名で人気のあったカナダ元首相と言うこともあって、その頃から有名人ではあったみたいです。

で、その音楽祭において、当時レポーターとして働いていたRose Knightさんと言う女性に対して不適切な対応を取った、とのこと。それがどういったことかはわかりませんが、Rose Knightさんによるとトルドー首相は次の日にRose Knightさんに謝罪したそうです。

Trudeau JUL072018 01
(真相はわからずじまいですが…。Global Newsサイトより。)

一方トルドー首相がこの件に関して出したコメントには、「18年前のことははっきり覚えていないが、やましいことをしたという認識はない。何も間違ったことはしていない自信がある。」とのこと。


うーん、もう18年前のことですし、詳細は不明ですが・・・。私が気になるのがなんでこの時期に18年前のことが蒸し返されたのか、と言うこと。これはニュースのコメント欄にもたくさん出ていましたし、ほとんどの人がRose Knightさんを非難していました。


多分、私の推測ですが、今年の5月頃まで、色々な件が重なってトルドー首相及びリベラル党の人気はがた落ちしていたと思うんです、オンタリオ州の州議会選挙でも見られるように。そこにトランプさんとの貿易戦争や、G7でのとルソー首相に対する「嘘つき」発言により、トルドー首相擁護=支持率回復と言うのが起きたのではないかな?と。


それに対して危機感を持った、保守層がこの事件のリークを思いついた・・・・。


考えすぎかな???


でももうあと4か月でケベック州議会選挙、そして来年は総選挙。そう考えると、あながち間違いでもない気がするんですがどうでしょうかね??






(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク