まずはこちらの映像から:


こちらはアメリカはジョージア州からのお話し。今年の4月、Sarah Webbさんがスピード違反をしたとと言うことで女性警察官のCourtney BrownさんはSarahさんの車を停めます。Sarahさんは仕事に遅れそうだったからと謝罪し、許しを請いますがCourtneyさんは許さず、Sarahさんに車のエンジンを切るように指示。


まあちょっとSarahさんがかわいそうな気もしますが、でもスピード違反をしている以上しょうがない、Courtneyさんがやっているのは正しい、とこの場面では思います。


が、事態はここで一変・・・・。Courtneyさんはいったんパトカーに戻り、同僚に「逮捕するべきか、それとも罰金刑で済ますべきか」を相談します。と言うのは実は、Sarahさんが実際スピード違反していたかどうかの証拠となるビデオ撮影・スピードガンを記録していなかったんです・・・。で、この同僚のKristee Wilsonさん、なんと「コイントスして表が出たら逮捕、裏が出たら罰金刑で釈放」って提案したんです。


で実際にコイントスが行われたんですが、Kristeeさんが「やっぱり逮捕しよう」と言って、二人で大笑いして、結果Sarahさんを逮捕することに。

Daily Mail JUL212018 01
(手錠をかけられ逮捕され、泣いているSarahさん・・・。Daily Mailサイトより。)

その一部始終がこの警察官二人のボディーカメラで撮影されていて、それがどういったわけか流出することに。で、今二人は大批判の真っただ中。現在警察はこの2名を停職処分にして調査中。またSarahさんには逮捕履歴を消去し、謝罪したそうです。


人の運命をもてあそぶ本当に心無い行為。この二人の処分こそ、「表が出たら懲戒免職、裏が出たら一番下のランクまで降格・減給」っていう風にコイントスで決めたら?







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク