カナダでは夏休みの間、大勢の子供たちは「サマーキャンプ」と呼ばれるイベントに参加します。このキャンプ、帯同する大人も勿論いますが、沢山の小学生くらいの子どもたちを、高校生くらいの子どもたちが引率して行うもので、教育的にも良いんじゃないかな?って個人的には思います。この時期はモントリオールの地下鉄やバス停、至る所でこのサマーキャンプの一団に出くわします。


さてケベック州New Carlisleに住むArianna Flowersちゃん・10歳。彼女は沢山の食べ物でアレルギーを持っています。例えばアーモンドやピーナッツを含むナッツ類、卵、牛乳、ココナッツ、貝類などなど・・。こういった食品を食べてしまうと、アナフィラキシーショックが出てしまうそうです。

Arianna Flowers JUL282018 01
(アレルギーに悩むAriannaちゃん。CBC Newsサイトより。)

彼女が最初に医師からアレルギーがあると告げられたのは生後5か月のこと。以来、家族の協力で今日まで来ました。そして今年、同じようにアレルギーに苦労している子供たちのため、アレルギーフリーの料理本を出版、カナダ建国記念日の7/1にマーケットで販売しました。

Arianna Flowers JUL282018 02
(Ariannaちゃんが出版した料理本。CBC Newsサイトより。)

この本では卵の代わりになるもの、牛乳の代わりになるもの、などなど、Ariannaちゃんが調べた料理法がぎっしり。この本とお母さんのおかげでAriannaちゃんは他の子どもと同じく上記サマーキャンプに参加できるようになったんです。お母さんがキャンプにも同行してAriannaちゃんのために調理したりして。


食べ物のアレルギーに悩む人たちは世界中に沢山いると思います。そういった人たちにとって、Ariannaちゃんの行動が少しでも希望になればうれしいですね!





(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク