まずはこちらの映像から:


これ、モントリオールに地下鉄の駅で、ある男性が不正に改札を通過しようとして、それを駅員(駅の警備員)にとめられている映像。で、この映像がまたもや炎上と言うか、モントリオール地下鉄の非難として使われているんですが・・・。


でもまず、この男性が不正に(自分の彼女の定期券を使って改札を抜けようとした)のがまず悪いし、それに対して悪びれもせず逆切れで駅の警備員に歯向かっているのも悪い。そういう態度を取られると、駅の警備員としてはある程度の力を使って抑止する必要がありますよね。それあたかも「モントリオール地下鉄のスタッフに暴力を振るわれた」的な感じで映像がアップされているのは、本当に納得できないです。

METRO SEP012018 01
(本当、こういう被害者面した加害者・ルール違反者には厳罰を!Global Newsサイトより。)

ただ一点素晴らしいな、と思ったのは、モントリオール地下鉄側はこの件で一切謝罪もしていないし、悪いこともしていないという態度を貫いていること。しかもこの男性に対して罰金を請求している点も素晴らしい!この件に関しては、(モントリオール地下鉄にはその運用等で色々不満はありますが)モントリオール地下鉄側を支持したいです!


以前ブログでも紹介した、警察官へのいわれなき誹謗と言い、本当こういった「被害者・弱者の皮をかぶった悪人・ずるい人間」によって「作られた・一部だけ切り取られた」事実が広まっていくのは本当に嫌なものです。こういったことで、本来の仕事に躊躇が出てしまうことは、公共機関、警察などだけでなく、一般生活でもデメリットだけが多いと思います。


こういった勘違い人間・自分たちが100%正しいと思っている人間が減ることを切に望みます・・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク