まずはこちらの映像から:


こちらはアメリカはロサンジェルスにて2016年5月から2018年4月までに一人の男性によって行われた計10回の無銭飲食事件。この男性、Paul Gonzales・45歳は、出会い系サイトで知り合った女性と食事に行った際、必ず支払いの際に姿を消す、という、いわゆる「無銭飲食」を計10回行い、結果相手女性に強制的に支払わせていた、と言うもの。被害総額は約$950USドル(約10万円)

dine-and-dash-dater SEP012018 01
(お茶目な顔してやっていることは最悪・・・。Global Newsサイトより。)

ただ、記事によるとPaul、これだけではなく、他にも同じような無銭飲食事件を起こしていて、まだまだ他にも被害女性がいるみたいですし、また他の件でも支払いをせずにサービスを受けたりする「常習犯」だった可能性があるそうです。


現在Paulは裁判中ですが、数々の罪状で最大13年間の刑期が科せられる可能性も。本人は罪状すべて否認していますが、被害女性が証言しているし、舞台となったレストランも協力しているみたいですから、逃れられないと思いますけど・・。


こういっちゃなんですが、たかだか食事代をケチったばかりに、刑務所に入れられるとは・・。でも被害者女性の一人も言っていましたが、これでもう無銭飲食することなく日に3度のご飯にありつけるので彼にとっては良いことかも?!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク