今年のモントリオールは例年以上の猛暑。本当、暑くて暑くて、日本にいるのと変わらないか、それ以上だった気がします。9月に入った現在も、日本で言ういわゆる「残暑」が厳しかったんですが、どうやらそろそろ気温も下がってきつつあり、紅葉が始まったり、カナダでは冬の訪れの目安としてよく言われる、Gooseが飛び去る(本格的な冬が来る前に、南下していく)風景をちらほら見始めたり・・。長い長い冬がやってきます・・・。


一方、モントリオールっ子にとっては待ち望んだホッケーシーズンの開幕!それももうそろそろと言うことでテンションもどんどん高まっていっていると思いますが、そこに驚きのニュースが!


カナディエンズのキャプテンでもあり、カナディエンズ一筋だったMax Paciorettyさん(29歳)をラスベガスのGolden Knightsに放出。代わりにTomáš Tatarさん(27歳)と、Nick Suzukiさん(19歳)をGolden Knightsから獲得。

HABS SEP162018 01
(カナディエンズの人気選手だったMAXさん。Global Newsサイトより。)

Maxさんはここ数年はあまり良いプレーはできていなかったようですが、カナディエンズ愛をずーっと貫き、カナディエンズでプレーしたいと言っていたんですが、チーム側は放出を決定。これに対しては勿論賛否両論ありますが、GMのMarc Bergevinさん、及び監督のClaude Julienさんには非難が。と言うのも、カナディエンズはここ数年、人気選手をトレードで放出してばっかりで、チームの成績も下降の一途なんですよねー。

HABS SEP162018 02
(新たにカナディエンズに加入するTatarさん。ホッケー関連サイトより。)

ただ個人的には、日系選手のSuzukiさんの加入はちょっとうれしいかも。彼はオンタリオ州のロンドン出身のカナダ人で、去年2017年のドラフト上位でGolden Knightsに入団した期待のルーキー。そんな選手がモントリオールに来るっていうのは、ホッケーにあまり興味のない私でもちょっとうれしいニュースです!

HABS SEP162018 03
(新たにカナディエンズに加入するSuzukiさん。期待大です!NHL公式サイトより。)

ともあれ、あとはチームの責任者がこのトレードが吉だった、と証明できるようにチームの成績を上げていかないといけないですね。今年はちょっとカナディエンズのゲームに注目してみようかな?








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク