10月と言えば、欧米では「ハロウィーン」。日本での印象は、コスプレしたり、子供たちが家々を回ってお菓子をもらったりと言うイメージかもしれませんが、こちらではちょっとしたイベントと言うかお祭り的な要素が入っているんです。移動遊園地が来たり、大きなパーティーがあったりと。


アメリカ・テネシー州のナッシュビルでもそういったイベント・”Nashville Nightmare”が開かれていました。そこには4つのお化け屋敷があり、James YochimさんTawnya Greenfieldさんは、他の2名の友人とともにそのうちの一つのお化け屋敷の列に並んで、おしゃべりをしていたところ・・・。そのお化け屋敷のスタッフが近づいてきて、Tawnyaさんに「彼(Jamesさん)ってうざい?」と聞いてきました。勿論、その場のノリと言うかジョーク、イベントを盛り上げるスパイス的なことだと思ったので、「実はそう、うざいの。」とお返事。

HAUNTED OCT202018 01
(Nashville Nightmareのポスター。怖い・・・。Global Newsサイトより。)

そうするとそのスタッフはナイフを手渡し、「じゃあこれで彼を刺しちゃえ!」と。


勿論Tawnyaさんも他の友人もこのナイフを偽物と思っていたんですが・・・・。お化け屋敷に入って後、いくつかのアトラクションをクリアした後でTawnyaさんは先ほどもらったナイフで、(勿論冗談として)Jamesさんを刺してみたところ・・・・。なんとこのナイフ本物だったんです!Jamesさんはすぐに病院に搬送。


駆けつけた警察に事情を説明したTawnyaさんたち。Tawnyaさんにとっては本当トラウマになるくらいひどい体験・ショックだったと思います。が一方でこのナイフを手渡したスタッフも、まさかこのナイフがそんなに鋭いものだなんて知らなかったようで、こちらも取り乱すくらいショックを受けている様子。ただ、彼は警察に拘留され、事件性があるかどうかの取り調べが行われているようです。


いや本当、楽しかったイベントが一気に恐怖に、そしてトラウマに代わる出来事。JamesさんにTawnyaさん、そしてお友達2名にこのスタッフと、関係者全員の心のケアを十分にしてほしいものです。。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク