これは去年2017年6月のお話。当時モントリオール在住だったAmor Ftouhiは、アメリカはミシガン州のFlint空港でJeff Nevilleさんをナイフで刺すという事件を起こします。Jeff Nevilleさんはこの空港のスタッフで、警察によればAmor FtouhiはJeff Nevilleさんを襲って銃を奪い、それを空港内で乱射する殺傷事件を起こそうと考えていたそう。

FLINT NOV162018 01
(事件を起こしたAmor。Global Newsサイトより。)

Amorは事件前に車でカナダからアメリカに入国。そして銃を買おうとして失敗。そのため銃の代わりに大きなナイフを購入したことが分かっています。そのナイフがJeffさん襲撃に使用されたんだそうです・・・。


警察の取り調べの結果、Amorは「殺人を犯し、最後に殺されるのが目的だった」と供述。また彼は元々チュニジア出身で、彼のアパートには「これがイスラム教徒がなすべきことだ」というメモが見つかっており、またJeffさん襲撃の際は「アクバル・アラー」と叫び、「お前たちはアフガニスタンの人々を殺し、またイラクの人々も殺している!」と叫んだことも判明しております。

FLINT NOV162018 02
(犯行に使用されたナイフと同様のもの?!Global Newsサイトより。)

このような状況のため、アメリカの警察では彼を「テロリスト」と認定して捜査を続けているそうです。


・・・・・。怖いですよね。これが一つの怖さなんです、移民大国の。何度も何度も繰り返しますが、「自分がいる国と自分のルーツの国(もしくはルーツの宗教等)」が対立した場合、ルーツの方に行ってしまう人が多いんです。そうすると、どうなるか。結果「その国」の中で対立が起きるし、問題が多々出てくるんです。特にそれが宗教的なものであれば。


外国人受け入れを進める日本。私は外国人受け入れ自体には賛成ですが、ちゃんと受け入れる人間の背後関係と言うか、人物調査はしっかりすべきだとも思っています。日本の法律・ルールと自分の国のルール・習慣が違った場合、きちんと日本の法律・ルールを尊重できるか、日本の害をなす行為をしないか、などなど。


それを見極めて、受け入れを進めて欲しいと思わせるニュースでした。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク