カナダ、特にバンクーバーなどの太平洋側を除く全土において、皆さまのイメージは「とても寒い国」っていうのではないでしょうか?それ自体間違いではありませんし、本当に寒いです、冬は・・・。


でも一方、同じ北半球にある国なので、冬の到来って結構日本、特に東北地方や北海道地方と似ているのでは?って勝手に思っています。と言うのは、いくら寒い国のカナダであっても、北の方の地方を除く、大都市圏が集まるアメリカ国境近くでは、11月でもまだまだ雪はあまり降らないんです、通常は。勿論気温自体はどんどん下がって、マイナスになることも多いですが、11月、下手したら12月になってもまだ雪が積もっていないこともざら。


”ホワイトクリスマス”って感じでもないですし・・。基本日本と一緒で寒さのピークは大体2月頃。で、そこに至るまでに徐々に雪が降って積もって・・・・。っていう感じでしたが、今年は違うようです!


何と先週、大雪に見舞われたモントリオール地方。マイナス20℃以下の大寒気が入り込み、積雪も10cmを越え、至る所で大渋滞を引き起こし・・・。でも本当にびっくり!だってまだ11月なのにもう”根雪”が。これで後5か月くらいはずーっと雪景色のままでしょうねー。。

SNOW NOV242018 01
(モントリオール旧市街もこんな感じに。Everything Montrealサイトより。)

SNOW NOV242018 02
(おっしゃる通りの寒さでした!Everything Montrealサイトより。)

いやいや、これからまだまだ寒くなってきそうだな、今年の冬は・・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク