日本でもドイツでも、若者にとって運転免許証の取得はちょっとしたイベント事。免許があれば車が運転でき、車が運転できれば、行動範囲が広がりますしね。私も大学生の頃に運転免許証を取得しましたが、そのあと中古車を購入して、行動範囲が本当に広がりました。


まあ、日本では若者の車離れが進んでいるようですし、ここモントリオールでも車自体の高額さや維持費の高さ等のネガティブな要因はありますが、でもやはり車がないと生活できない所も多々あるので、まだまだ車は必需品


さて今回の話題はドイツ。ある18歳の若者のお話。彼は運転免許試験に合格して晴れて公道で車を運転できることに。試験合格直後に、友達3人を乗せてドライブを楽しんでいました。で、彼は「友達にいいところを見せてやろう」と思ったんでしょうね、正確な数字は明らかになっていませんが、制限速度の2倍以上のスピードで車を運転し、警察に見つかってしまいます・・・。

Driver NOV242018 01
(「いいとこ見せる」代償は大きかった・・・。Global Newsサイトより。)

勿論一発免取。及び罰金に再試験と散々な結果に。運転免許取得して1時間も経たないうちに免許取り消し・・・。


でもここで捕まってよかったかもしれませんね、スピードの怖さや安全運転の必要性を学べるので。


私も今まで以上に安全運転しよう!と思わせるニュースでした・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク