まずはこちらの映像を:


現在はアルバータ州エドモントンに住んでいるAdrian Pearceさん。1970年、彼がまだ17歳ごろのことですが、その当時はオンタリオ州のトロント郊外に住んでいました。当時Adrianさんには真剣にお付き合いしている女性・Vicky Allenさんがいました。しかしながら別れは突然訪れます・・。理由は定かではありませんが、二人は別れることとなります。ニュースのニュアンスからすれば、AdrianさんがVickyさんいフラれたみたいです・・・。


でその際、VickyさんはAdrianさんにプレゼントを渡すのです。別れのプレゼント、とでもいうのでしょうかね・・・。

present DEC072018 01
(付き合っていた当時の二人。時代を感じますねー。Global Newsサイトより。)

勿論Adrianさんはショックでプレゼントを開けることはありませんでした、それも48年間も!


Vickyさんにフラれて以来、Adrianさんはこのプレゼントをクリスマスの際には必ずツリーの下に置いていたんです。勿論Vickyさんと別れた後、Adrianさんは結婚し子供にも恵まれました。が、毎年のクリスマスにこのプレゼントをツリーの下に置く習慣は続けていたそうです。そしてとうとう彼の奥さんから、「もうこのプレゼントはクリスマスツリーの下には置かないで」と言われてしまいます。まあ奥さんや子供からしたら、いつまでもフラれた相手を想っている父親・夫と言う風に見えるのでしょうね・・・。

present DEC072018 02
(今現在のAdrianさん。Global Newsサイトより。)

そうしてAdrianさん、このプレゼントをフラれてから50年目に開けようかな?と考えていたそうですが、今年開けることに!しかも驚いたことに、彼をフッた相手・Vickyさんと再会していたそうで、交流が続いていたんですって!


で、このプレゼント、今年開けることにしたそうで、その場にはVickyさんも来る予定だそうです!そして、Adrianさん、彼の奥さん、そしてVickyさんの3人でプレゼントを開ける、とのこと、


なんか時期的に、なかなかロマンチックなクリスマスになりそうですねー!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク