先週初め、月曜日から水曜日辺りまではモントリオールを含めたカナダ東部地区(オンタリオ州やケベック州、ニューブランズウィック州などなど)はこの冬一番の冷え込み。体感温度で-30℃くらいの、本当に強烈な冷え込みでした。毎日の通勤も一苦労でしたし、何より普段でも脆弱なモントリオール交通局、冷え込みのせいで更に遅れや欠便が生じ大混乱でした・・・。

Weather JAN252019 01
(寒暖差が激しすぎる1週間でした・・。Global Newsサイトより。)

と思いきや、木曜日には一転して気温が0℃近くまで上昇。このため、雪や氷が解けて街中は水浸し。本当、下記の映像のような状況で最悪でした・・・。


そして金曜日はまた気温が-10℃以下に。つまり、前日木曜日に溶けた雪や氷が再度凍結して一般道だけでなく、歩道などがつるつるになって本当に危険な状態に!でも毎年このように、「強烈な冷え込み→一転気温上昇で雪が溶ける→再度冷え込みが襲って路面が凍結」っていう状況が起こるんですよね、カナダでは・・。

ちなみに先週がどれくらい寒かったか、こちらにニュースサイトから動画をまとめましたので、ぜひご覧ください!



今週は寒さも和らいでほしいですが、日本と同様、寒さのピークは1,2月。まだまだ寒さは厳しいみたいです・・・。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク