まずこの事件、去年大麻が合法になる前の2016年から2017年にかけて起きた事件だそうです。
ノバ・スコシア州のBridgewaterという街において、39歳の母親が自身の13歳になる息子さんに定期的に、4か月以上にわたって大麻を提供していて、息子さんは6-7回ほど大麻を吸引したそうです。

MARIJUANA FEB132019 01
(大麻合法化に合わせて罰則も厳しくすべきでは?Global Newsサイトより。)

調べによると、まずこの母親の家自体が既に「大麻」だらけの環境で、自身で栽培までしていたそうです。まあこういう事件があるので、大麻合法化してもしなくても一緒、ならば合法化の方が良いっていう意見もあると思いますが、でも大麻が未成年に渡されるっていうのはちょっと怖いですよね。それも合法化された今なら、もっともっといろいろなルートで未成年の子たちが大麻に触れる場面が増えるっていうことですし。


やっぱり個人的には大麻合法化は失敗では、って思います。実際、新聞沙汰になるような大きな事件は起きていないようですが、でもあの匂いが本当に嫌!通勤途中でもよく匂ってくるんですが本当に臭くてたまらない・・・。


さて上記ニュースに戻りますが、この母親とパートナーの男性はそれぞれ45日と90日の懲役刑を受けたようですが、短くないかな?また、こういう人たちには大麻合法化になった今としては、販売しないようにルールを変えるべきだと思います。大麻に関わる犯罪を犯した人には大麻は売らないっていう感じに。


本当、怖いことです・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク