ケベック州政府が現在法令化しようとしているものの一つに、タクシー業界の改善と言うのがあります。


これはどういうことかと言うと、現在タクシー運転手になるためには様々な費用(登録料とか授業料、証明書取得料など)がかかりすぎるので、それを安く且つ簡略化しようというもの。またタクシー運賃も変更可能にしようというものです。


これでなぜタクシー運転手が反発しているかと言うと、去年もあったんですが、UberやLyftなどと言ったシェアサービスとの競合に関してのこと。つまりこの法令が適用されれば、Uberなどがますます勢力を伸ばしてタクシー業界が衰退する、と言う理由からなんです。

TAXI MAR302019 01
(ストライキはいいけど、その方法がね・・。Global Newsサイトより。)

で、それに抗議するために先週月曜日の朝にストライキを実行したんですが・・・・。そのやり方が、はっきりって「バカ」すぎるんです、私が思うに。なんと彼・彼女ら、朝の7:30頃からストライキしていたんです。その時間、しかも週初めって通勤ラッシュがものすごいんです。それを意に介さずに自分勝手に交通をマヒさせるようなストライキや抗議活動をする・・・。


そんな状況で誰がタクシー業界を支持するんでしょうかね??少なくとも潜在的な顧客はかなりそっぽを向いたと思いますよ、このやり方に。


こんなやり方をするようでは、少なくともモントリオール近郊でのタクシー業は衰退していくほかないようですね・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク