今回もケベック州のBill-21関連の話題となりますが・・。


カナダ連邦議会において、ケベック州の権益を代表する政党がBloc Québécois。ケベック州の独立を悲願とする連邦政府政党で、現在は連邦議会において10議席を獲得しています。


このBQがカナダの首都オタワに建てた看板がこちら。
BLOC APR132019 01
(ケベックのことはケベックで!Global Newsサイトより。)

ケベック州のことはケベック州民が良く知っている。」というもの。これは何かというと、例のBill-21についてトルドー首相が「反対」の立場を表明したり、介入してくることに関してのメッセージ。つまり、「連邦政府は先方政府の問題を扱いなさいよ。ケベック州のことは私たちがやるから。」と言うもの。


「余計な口を出すな!」と言うのともう一つは、SNC-Lavalin事件でいまだ揺れているトルドー首相と与党リベラル党に対して、「余計なことに口を突っ込むと、SNC事件みたいになるよ。もっとモラルを持ちなさいよ。」という皮肉も込められているんですって。


いやいやこのBill-21、色々なところで話題になっているようですね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク