一つはここモントリオールから。モントリオールでモデル事務所を営んでいたJean-Sébastien Béland(47歳)は、2014年から2017年にかけて少なくとも4人の少女(15-17歳)と性的な関係を持ったとして逮捕されました。また警察は他にも被害者がいるとみて情報提供を呼び掛けております。

Harassment APR202019 01
(逮捕されたJean-Sébastien Béland(47歳)。Global Newsサイトより)

子供の夢に付け込んだ、卑劣な犯行ですよね。今後裁判でどう言い訳するのかはわかりませんが、「確信犯」だと思うんです。多分、モデル等の仕事をあげるから、と言うことで・・・。こういう犯罪にはもっともっと厳しい罰を与えるのが良いと思います。


もう一つはアメリカから。


アメリカはペンシルベニア州にて、結婚式を挙げたばかりの花婿さんが、その式の受付等で働いていた未成年の女の子を式の後に口説いて体の関係を迫り、この女の子がそれを拒否すると、トイレまで追いかけてきて襲ってきたそうなんです。でも幸い女の子は無事だったようで、その後警察に逮捕。そして裁判を待つ身に・・・。


まあ、まだ詳しいお話が出ていないので、判断は難しいですが、ただこの花婿さん・Matthew Aimersの担当弁護士が彼が無罪である根拠の一つとして、「花嫁さんがまだ彼と一緒に暮らしている」事を挙げているんです。つまり、「そういうひどいことをする男性と、女性は結婚生活を続けることができるでしょうか?」と言う反語的な理由

Harassment APR202019 02
(逮捕されたMatthew Aimersさん。Global Newsサイトより)

うーん、確かにこの事件は本当に犯罪か冤罪かは分かっていませんが、でもこの弁護士さんの理由はなんかちょっと弱いというかこじつけっていう感じがします。じゃあ逆にもしこの花嫁さんが今離婚を決意したら、Matthew Aimersさんは犯罪者ってことになるんですかね??


結婚は勿論愛情の上に成り立つものですし、この花嫁さんが本当にMatthew Aimersさんを愛している証拠にはなると思います。が、「花嫁さんがMatthew Aimersさんを愛している」 = 「Matthew Aimersさんは犯罪者ではない」は成り立ちませんよね?例えば、Matthew Aimersさんが本当にこういう行為に及んでいたとして、花嫁さんに「そんなつもりじゃなかったし、そういうことをした覚えもない」みたいなことを言えば、「愛する」Matthew Aimersさんのことを花嫁さんは信じて一緒に行動するんじゃないんですかね?


なんか、根拠の弱い理由ですよねー。


とにかく、こういった犯罪がなくなることを切に望みます・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク