総選挙まであと半年を切ったここカナダ。各メディアでは総選挙の予想等が紙面を賑わしています。ちょっと前まではSNCスキャンダルの影響でリベラル党の敗戦を予想したメディアが多かったんですが、今回、今年3月から4月にかけて複数の調査会社で行われた予想アンケートを元にしたシミュレーションをしたところ、僅差でですがリベラル党が第一党を確保する、という結果が出たそうです。

Election APR282019 01
(この結果はちょっと意外でした。Global Newsサイトより。)

とは言え過半数を握ることはできないので連立与党となるか、もしくは第二党である保守党がその他政党と結んで政権を握るのか・・・。


ただこの結果はちょっと予想外でした。


SNCスキャンダルはそうですが、それ以外にも外遊旅行を家族旅行のような感覚でしているという批判があったり、不法入国者を受け入れる発言をしたりとマイナス要素が多かったんですけどね・・・。


で、この調査で各州ごとの得票率・議席数シミュレーションが出ていたんですが、やはり伝統的に西部では保守党がかなり強いですが、オンタリオ州では五分五分。そしてなんとケベック州ではリベラル党の圧勝が予想されているんです!これちょっと意外でした。勿論、トルドー首相のおひざ元っていうことでケベック州ではある程度の議席数は確保するとは思っていますが、こんなに「圧勝」予想が出るとは・・・。これ、もう一つ理由があって、ご存知の通りケベック州は移民が沢山いる都市。なので、その移民の人たちがリベラル党を支えているから(移民に異様に寛容だから)、こういう結果になる、と言うもの。本当かどうかはわかりませんが、説得力はありそうですね。

Election APR282019 02
(ケベック州でのリベラル党の強さは異常ですね・・。Global Newsサイトより。)

昔日本の総選挙で同じように事前調査した際、自民党が圧勝と言う報道が出ると、有権者は「圧勝させて調子に乗らせてはいけないから、対立政党に入れてやろう」と言う心理が働き、結果自民党は勝利を収めるけど圧勝とまではいかない、と言う話を聞いたことがあります。今回もそういうのと同じ心理が働いているのかな?


ともあれ、巷の雰囲気と言うか感触ではかなりリベラルが苦戦を強いられている気がするんですが、ちょっと違うようですね、予想上では。


それでも私は保守党に期待したいです、今回の総選挙は・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク