まずはこちらの映像を:


これは今から7年前の2012年に当時10代の未成年の女性が同意のない性交渉があった旨を警察に通報した際の取調室での出来事。担当した警察官はこの女性に対して、「少しも同意はなかった?寝ても良いってちっとも思わなかった?」「もし同意がないならなぜ相手にコンドームを付けるように要求したの?」などなど、あたかもこの女性が「嘘をついている」と言うような感じで取り調べが行われれている様子が映っています。

abuse MAY182019 01
(警察の”質”が取れ悪事件だと思います。Global Newsサイトより。)

結局この事件では相手側男性は不起訴と言うか何の処分も下っていないそうです。それはそれでもちろん許せませんが(本当に同意のない性交渉・強姦だった場合)、それよりもまずこの警察官の「これは強姦ではない」と言う観念でもっての取り調べが大問題だと思います。


被害女性がかわいそうと言うのもそうですが、まず警察が信用できないですね。何よりこういった取り調べって、私は女性警察官が担当するものっていう風に思っていたんですが違うんですかね?男女機会平等等ありますが、それはケースバイケース。こういったケースでは女性警察官が担当すべきでは?


BC州の警察はこの件に関して正式なコメントを出してはいないようですし、過去のことだから問題にしないつもりなのかもしれませんが、これって本当に大きな問題だと思います。もう少し警察官も「質」の向上に努めるべきでしょうね。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク