ドミニカ共和国に住むWilson Vegaさんは、今年4月、カナダからアメリカに不法入国しようとしてケベック州の森林地帯に入り、その後遺体で発見されたそうです。警察の調べでは事件性はなく、事故により命を失ったそう。悲しい出来事ですが、なぜ不法入国しようとしたんでしょうか?

Wilson MAY262019 01
(亡くなったWilson Vegaさん。でもなぜ・・・。Global Newsサイトより。)

記事によると、Wilsonさんはアメリカのフィラデルフィアに子供がいて、その子供に会いに行くためにアメリカ政府に何度も短期滞在ビザを申請していたんだそうですが、ことごとく却下されたそうです。で、その後カナダに入国し、不法入国を助けるグループに約$3,500カナダドル(約30万円)支払って、カナダからアメリカに不法入国しようとしたそうなんです。


何故Wilsonさんのビザ申請が却下されたのか、その記述がないので何とも言えませんし、また家族に会いたいというのもよくわかります。がそれでも「不法入国」しようとして命を落としたことには同情しづらい点もあると思います。記事でもその点を指摘するコメントが沢山あり、私もまずWilsonさんのビザ申請却下理由をはっきりしてからニュースを書くべきだと思いました。そうでないと、いかにも「困っている人を助けることができなかった悲劇」的なお話にまとめようとしている感が強いから。


もし本当にそうだとしたら、アメリカ政府に対してそれなりの批判や行動を起こせばよいはず。でもWilsonさんの友人や家族でそういう行動を起こしている人はいません、今のところ。


悲しい結末ですが、でも自業自得と言う面も強いと思います。逆にこれでアメリカやカナダの国境警備やその部署が批判されるのは筋が違うと思うので、そういう風にはならないようにしてもらいたいな。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク