ケベック州政府の観光担当大臣のCaroline Proulxさんの発表によりますと、この秋より、ケベック州内でAirbnbを通して自宅等を「貸し出す」際は、まずケベック州のサイトで登録するよう義務付ける、とのことです。

HOTEL JUN082019 01
(この案を歓迎する、ケベック州のホテル協会会長。Global Newsサイトより。)

つまり、Airbnbに登録するよりも前にまずはケベック州政府のサイトで「自分の家等を貸し出しますよ」っていう申請書を記入して登録。その際登録料として$50-$75ドル(約4,000円 - 6,000円)ほどが必要になるそうです。今回のケベック州政府のこの登録制度の目的の一つがこの「登録料」の徴収でしょうね。取れるところからはどんどんお金を取っていくという。


まあこれには当然Airbnb側は失望を表明。ただ、今後の成り行きを見守るとのこと。一方ケベック州のホテル業界は大歓迎。これにより競争相手であるAirbnbの費用負担増になって、ホテルにお客が戻ってくるかもしれないから。と言うのは、これがケベック州の目的の2つ目だと思いますが、この登録作業により、どの人・法人が自宅を貸しているのかがわかることに。つまり、「ケベック州内で明確なサービスを提供」したことの証明になるので当然そこには「税の徴収」が発生するわけです。


部屋を貸した側は使った側にケベック州の税金も上乗せした形で徴収しなくてはいけなくなったんです。これがホテル業界が喜んでいる理由の一つでもあります。だって同じようなサービスを提供しても、一方は税金を納め、一方は対象外なのでその分価格を安くできる・・。


これはUBERとタクシー業界、そしてGAFAなどの「国境を越えたサービス」による税の未払いに通じるところがありますね。


多分、今後はケベック州のように、他の国や都市でも行政が「登録」制を義務付ける方向で動いていく気がします・・・。







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク