まずはこちらの映像から:


もう日本でもニュースになっていると思いますが、モントリオールに本社を置く、航空機産業・鉄道産業の世界大手企業・ボンバルディアが、航空機ビジネスの一つであるCRJ事業を三菱に売却することが正式に決まったようです。元々ボンバルディアと三菱は、CRJとMRJと言う競合製品及び三菱のMRJ開発に絡んでの訴訟合戦など敵対的な関係にありましたが、ボンバルディア側のCRJ事業を三菱が買い取るということで決着したみたい。

CRJ JUN252019 01
(ボンバルディア社のCRJ。Global Newsサイトより)

まあ、元々CRJ事業自体、ボンバルディアが見込んでいた程の収益が上がっていなかったのも事実。その上、MRJの参入と、ボンバルディアとしてはこの不採算部門をどうにかしたかった、と言うのが本音ではないでしょうかね。そこに三菱が「統一」と言う意味で買収を持ちかけたのに乗っかったと・・。


モントリオールから車で約1時間の距離にあるMirabelと言う街にCRJ製品を作っている工場があるんですが、ここはそのままボンバルディアが保有するみたい。ただし、CRJ事業のサービスとサポートネットワーク拠点のモントリオール、トロント他アメリカの2都市にあるオフィスは三菱傘下になるみたい


正式な事業売却等は来年に持ち越しされるようですが、でもほぼ決まりのようです。


そういえば、約1年くらい前に実は私、ボンバルディア本社で転職の面接を受けたことがあるんです。しかも、このCRJ事業のビジネスアナリスト職で。結果的に最終面接で落とされましたが、でも今回こういった形でまた”CRJ”と言う言葉を目にするとは思いませんでしたし、しかもそれが日本も関係することになるとは・・。


世の中本当に面白いですね!それに、モントリオールで日本企業が存在感を出していくのも在モントリオールの一日本人としてうれしい限りです!








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク