アメリカで「ポートランド」と言うと、たいていの人は「オレゴン州」にある大都市を想像しますが、実は東海岸にもポートランドってあるんです。と言うより、オレゴン州のポートランドはこの東海岸にあるメーン州ポートランドから名前を取ったというお話もあるくらい。

MAP JUN292019 01
(旅の行程と主要都市との位置関係。)

そんなメーン州ポートランド。5,6年前に一度奥さんと行ったんですが、のんびりとした港町ですごく印象に残っていたので、今年の夏休みにちょっと行ってきました。ルートはモントリオールから南に抜け、カナダ・アメリカ国境のうち「いつも超混雑している」”Champlain-St. Bernard de Lacolle”国境を通らず、すごい田舎の小さな国境を通ってアメリカに入国しました。


モントリオールにいらっしゃる方、もしくは以前いた方で陸路ニューヨークとかボストンとかに行かれた方はわかると思いますが、この”Champlain-St. Bernard de Lacolle”という国境、本当にめちゃめちゃ混雑しているんです、いつも。ひどい混雑で私は1,2回通ったんですがもう二度と通りたくないってくらい待たされ、且つ日本人(カナダ人以外)なので、いちいち車を降りて指紋を取られて・・・、といった処理があるんですよね。


それは今回通った小さな国境でも同じなんですが、国境に到着してアメリカ入国までものの15分くらいで終了。もう今度からはここからアメリカに入国しよう!っていうくらいスムーズでした。タイミングの問題もあるとは思うんですけどねー。

IMG_20190629_141346
(小さな田舎町のアメリカ・カナダ国境。本当に小さくてかわいいところでした。)

さてアメリカ入国後はWhite Mountainsという山岳地帯を通って東海岸へ。都合7時間くらいのドライブで目的地のポートランドに到着。磯の香りが懐かしい港町。ちなみにポートランド市自体は結構大きくて、都市圏人口は50万人以上います。結構な大都市。メーン州の中心都市でもあります。が、Old Port地区はそういったビジネス街とか学生街とかとは全く違って、観光地として人気があり、私はこの地区ののんびりした感じがとても好きなんですよねー。

IMG_20190628_094504

IMG_20190628_100712
(ポートランドの港から見たOld Port地区。)

今回は2泊して、Old Port地区を散策したり、海水浴場まで足を延ばしたり、本当に堪能できました!すっごく楽しくて、リラックスできた良い旅でした・・・。特に去年は奥さんの病気&手術で夏休みもどこにも行けなかった分、今年は楽しめました。

IMG_20190628_100856
(ロブスター漁の仕込み。)

IMG_20190628_164043
(小さな海水浴場。みな日焼けメイン&犬の散歩地として来ているみたい。)

IMG_20190628_101410
(Old Port地区のメインストリート。)


IMG_20190628_121037
(同じく、Old Port地区のメインストリート。)

一方、この旅ではちょっと色々とアクシデントにもあったんですよねー。まず初日、ポートランドへ向かう途中。White Mountainを抜けた小さな町で交通事故を目撃。車の全面が大破するような大きな事故で、びっくりしました。。。


二つ目は最終日のホテルで。夜中の3時過ぎにいきなり火災報知器が鳴って、宿泊客全員がホテルの外に出されます。消防車4台、パトカー3台がホテルを取り囲んでいましたが、結局本当の火事ではなかったみたい。ホテル側ははっきり言っていませんでしたが、多分馬鹿な客が部屋でたばこでも吸ったんでしょうね。夜中の3時という時間も、多分パブとかバーの営業が終わる時間帯だと思うんです。で、部屋に戻って一服・・。まあ僕の予想が当たったとしたら、その人たちはかなりの損害賠償をホテルから請求されるでしょうし、また消防車やパトカーの出動のペナルティーも払わされることになるでしょう。でも自業自得です。


IMG_20190629_032159
(外に出ると同時に消防車4台が到着・・・。眠い・・・。)

IMG_20190629_032051
(100名以上の宿泊客全員が夜中にたたき起れ、強制的にホテル外に・・。)


と、最終日のホテルではぐっすりは眠れなかったんですが、ホテル側は多分補償という意味なんでしょうね、前日に頼んだディナーのルームサービスを無料にしてくれました。その点だけラッキーだったかも。


そして一路ケベック州を目指してホテルを後にしたんですが・・・。なんとまた同じくWhite Mountainに入る前の小さな町で今度は犬が車にぶつかってきたんです!!車を運転していたら、右からリードが離された犬が車道めがけて走ってくるではありませんか!私は対向車を確認して、車が来ていないのを確かめて、犬を引かないようにハンドルを切っていると・・・。なんと犬自身が車に体当たり!


幸い、犬に命の別状はなかったですが、びっくりしましたし、飼い主はその後一言も言わずにその場をそそくさと立ち去って行ったのにはまたびっくり。車はちょっとドア部分がへこんだけど、それはまあよし。犬に大事はなかったから。でも飼い主には一言謝って欲しかったですね。


まあいろいろありましたが、なんやかんやで楽しい夏休み旅行でした!!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク