オンタリオ州にて裁判にかけられた男性、Anibal Riveraさん。彼はパートナーとの性交渉において、パートナーからコンドームの着用を求められ、それに同意しました。が、結局コンドームを付けずに性交渉におよび・・・。

Condom JUL062019 01
(確かにこれは「暴行」と言っても良いかも。Global Newsサイトより。)

裁判所によると、Anibalさん(ケベック州の男性です)はいわゆる「出会い系サイト」で、オンタリオ州に住む女性と出会い、Cornwallと言うオンタリオ州の街で出会ったそうです、勿論性交渉のために。その際この女性は、必ずコンドームを付けるように言ったそうです。でも結局付けずに行為に及び、この女性はその後病院で妊娠や病気等のチェックを受け、そして警察に被害届を出したそうです。


最初容疑を否定していたAnibalさんも、結局は容疑を認め、裁判により「性的暴行」罪で有罪判決を受けました。


まあ、これは当然と言えば当然でしょう。女性の立場からすれば、「暴行」に等しいというのも理解できます。しかも「一夜限り」のカジュアルな行為なので、余計に恐怖が増したんではないでしょうか?


こういったケースが日本でもしっかりと「性的暴行」として認められて欲しいですが、実際はどうなんでしょうかね??私も詳しくは知りませんが、それくらいはっきりとしっかりと女性を守る立場で毅然とした判決をしてほしいものです。勿論、既にそうしているのかもしれませんが、なんとなく日本って、「まあまあ、お互いに・・・。」って、「歩み寄り」を双方に求める傾向にありますからねー。「ダメなものはダメ」っていう気持ちで対応して欲しいですね!








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク