カナダ発の有名ファッションブランドの一つに「カナダ・グース」と言うのがあります。こちらでも若者を中心に冬はカナダ・グースのジャケットを沢山見かけます。ただそのお値段がめちゃめちゃ高い!!学生さんなんかは多分中古品・古着として買っているんでしょうが、それでも多分高い・・・。私は一着も持っていませんし、欲しいとは思いませんが、でもこちらに来る日本の方はお土産として欲しがるのも事実。


そんなカナダの有名ブランド名にもつけられたカナダのグース(雁、野生のガチョウって感じです)。私の家の周りの農耕地ではよく見かける鳥なんですが、場所によっては「害鳥」みたいになっているケースも。その一つがアメリカはコロラド州はデンバー。ここではカナダ・グースの糞や多分鳴き声等で色々と迷惑をかけているみたい。

CanadaGeese JUL062019 01
(デンバー市民にとっては害鳥なのかも・・。Global Newsサイトより。)

で、結果デンバー市ではカナダ・グースを駆除し、そのお肉をチャリティーとして利用したり、野生生物のリハビリセンターに提供したりするそうです。


多分、カナダ・グースの繁殖数自体がかなり増えたんでしょう。そういう意味でも、コントロールのため、適切な数にするのは必要なのかも。でもこの方針が施行されたのが7/1、カナダデーの日・・・・。狙ってやったのかな??








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク