モントリオールより東に30kmにある街・Beloiel。ここはケベック州で初めて、「子供たちがストリート・路地で遊んでも罰しない・罰金を取らない」街なんだそうです。これは子供の親御さんたちが、子供たちがストリートで遊んでいたら、罰金を受けるので、それを何とかして欲しい、と言う要望に応えたものだそうです。

Granby JUL062019 01
(確かにノスタルジックあふれる良い光景なのですが・・。Global Newsサイトより。)

勿論、街としては色々と調査して、遊んでよいストリート・路地とそうでないものとしっかりと区別しているようです。


で、モントリオールより南に80kmあまりにある街・Granby。動物園で有名なこの街も上記Boloielと同じく、子供たちを合法的にストリートで遊ばせるという動議を市議会が可決したみたいなんです。


確かにアイデアは面白いと思いますし、子供たちにしても遊び場が増えるのはうれしいことでしょうが、やっぱり「安全面」から考えると、どうしても「道路を遊び場」にするのは危険なような気がします。一昔前の、交通量が少なかった時代ならともかく、一人一台は車を持っているこの時代、道路は「危険」な場所です。


今回の件で子供たちが交通被害に会うのが一番怖いことです。私はやはりそれなら、きちんとして公園等をもっと整備すべきだと思うんですが・・・。実際、モントリオールって結構至る所に公園(大小規模は様々ですが)がありますし、子供たちはやはり安全な場所で遊んで欲しいものです。


この動議やルール、果たして本当に子供たち及び地域にとって「役立つ」ものなんでしょうか、ちょっと疑問です。








(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク