まずはちょっと英語のお勉強から。「~の身になる」という表現、英語では「Put in one's shoes」と言います。例えば、「You wouldn't be able to say so if you put in my shoes (僕の立場になったら、そんなことは言えないと思うよ)」とか。


DVなどから逃げてきた女性のためのシェルターや保護団体への寄付を目的とした、この言葉を使ったキャンペーン、「Walk a Mile in Her Shoes(彼女の立場になって歩いてみよう)」と言うのがモントリオールで行われていたようです。この表現そのままに、キャンペーンでは男性が女性の「靴(Shoes)」を履いて行進。

Shoes JUL202019 01
(こういう活動って素晴らしいですよねー。CTVニュースサイトより。)

こういったキャンペーンや行動って素晴らしいですね!


ちなみに私はこのニュースを見て、日本でも話題になった、女性のハイヒール着用強要の問題を思い出しました。その問題でも、こういう風に男性にハイヒールがいかにきついものなのかを分かってもらえる運動をしたら、共感を持ってもらえるかもしれませんね!







(当ブログ記事内で使用している写真・画像等は、特に出典の明記がない限り、著作権フリーの画像及び私が撮影したものを使用しております。)
スポンサードリンク